突入部隊のひとりとなってエイリアンの母船へ乗り込め!映画のような体験ができる『フォートナイト』のユーザー参加型イベント「オペレーション:スカイファイア」をレポート

 Epic Gamesは9月13日(月)、同社が運営するバトルロワイヤルシューティング『フォートナイト』において全世界で同時開催のユーザー参加型イベント「オペレーション:スカイファイア」を開催した。

突入部隊のひとりとなってエイリアンの母船へ乗り込め!映画のような体験ができる『フォートナイト』のユーザー参加型イベント「オペレーション:スカイファイア」をレポート_001
画像はファイナルイベント「オペレーション: スカイファイア」での、チャプター2 – シーズン7の結末に備えよより

 『フォートナイト』は2017年7月に配信を開始した、基本プレイ無料のバトルロワイヤルシューティング。マップ内のオブジェクトを破壊して木材などの素材を手に入れ、その素材を使用して壁や階段などの建築物を建てられることがもっとも大きな特徴だ。

 また、各シーズンのフィナーレには不定期に今回のような「ワンタイムイベント」が開催されることも魅力のひとつ。開催まで内容は一切明かされない上に、一度しか体験できないゲームプレイや演出が盛り込まれた豪華なお祭りイベントとなっているのだ。

 今回のイベント「オペレーション:スカイファイア」は、チャプター2シーズン8の締めくくりとして開催されたものだ。

 今シーズン『フォートナイト』には巨大なUFOが襲来したことにともなって、マップの至るところにUFOやエイリアンが出現、さらに海辺の街はUFOやエイリアンを信仰する若者のイベント会場になってしまうなど、これまで以上に混沌としたシーズンとなっていた。

 本イベントではプレイヤーはマザーシップへと突入し、エイリアン軍を壊滅させる部隊のひとりとして映画のような演出の数々を楽しむことができた。

 イベントが始まると、プレイヤーはマザーシップにアブダクション(吸い込まれる)され内部へ到着。突入部隊を束ねる「スローン博士」からの通信を受け取りつつ、エイリアンがうろつく内部を奥へ奥へと進んでいく。

突入部隊のひとりとなってエイリアンの母船へ乗り込め!映画のような体験ができる『フォートナイト』のユーザー参加型イベント「オペレーション:スカイファイア」をレポート_002

 エイリアンからの攻撃をかい潜り、荷物用の輸送菅をも使用してなんとか最深部へ到着したのち、なんらかの力によってスローン博士との通信が遮断されてしまう。不安を抱くプレイヤーの目の前に、シーズン5から登場したもののその姿を表していなかった「キューブ」が登場する。

 「キューブ」はチャプター1シーズン5より登場した謎の物質。紫色の巨大な正方形でルーン文字がびっしりと刻まれていること、そして強大なエネルギー源であることが特徴だ。マザーシップ内部にはそのルーン文字が至るところに見られるなどストーリーの鍵を握る重要な要素とされているものの、その正体が何であるかは明かされていない。

突入部隊のひとりとなってエイリアンの母船へ乗り込め!映画のような体験ができる『フォートナイト』のユーザー参加型イベント「オペレーション:スカイファイア」をレポート_003
画像はシーズン6 アナウンストレーラー「闇が広がる」より

 キューブから発射されるビームを避け、再度通信が復活するとこれまで協力関係にあったと思われるスローン博士から「あなたは帰還させない」と通告される。プレイヤーたちはエイリアン軍を壊滅させるために収集された捨て駒だったのだ。プレイヤーの背中に取り付けられたタイマーはカウントダウンをスタートする。

 なお、プレイヤーがスローン博士の作戦に参加することを知ったゲーム内のキャラクターは「正直言うと、あなたの身が心配。スローンは信用できない」とその身を案じていた。

 スローン博士からの通信遮断後、キューブに近づくと「再起動」のコマンドを使用できる。コマンドに従ってキューブを再起動すると、これまでの禍々しい紫とは打って変わってプレイヤーを回復する「ポーション」や、プレイヤーを蘇生させる「リブートバン」を思わせる美しい青色に光り輝いていく。

 プレイヤーと青のキューブは突如として上昇しマザーシップ最上階へと到達、キューブが大量に光り輝く衝撃の様子を目撃することとなる。

 そしてプレイヤーの背中につけられた爆発までの時間を表すであろうタイマーが0になると同時にキューブとマザーシップが爆発。プレイヤーもマザーシップの外へと投げ出される。

 マザーシップの外からマップを見下ろすと、そこにはキューブが降り注ぎ今まさに島が破壊される天変地異が広がっている。破壊されたUFOがプレイヤーにぶつかりそうになったところで映像は途切れ、「続きはシーズン8で」の文字が表示されてワンタイムイベントは終了となった。

 チャプター2のワンタイムイベントの中でも、特にストーリーに関して重要なもののひとつであった本イベントではユーザーによって多くのスクリーンショットが投稿されている。

 

 また、今回のシーズンのティザー画像として日本人のイラストレーター・ミツメ氏が起用されている。左下にあるひらがなの「ふぉーとないと」の文字や日本刀といったデザインからは日本らしさを感じることができ、隅々まで何度も見たくなるキュートかつスタイリッシュな作品だ。

突入部隊のひとりとなってエイリアンの母船へ乗り込め!映画のような体験ができる『フォートナイト』のユーザー参加型イベント「オペレーション:スカイファイア」をレポート_004
画像は『フォートナイト』公式Twitterより

 9月13日(月)より開始したチャプター2シーズン8。ストーリートレーラーでは荒廃した世界が広がり、バトルパストレーラーではプレイヤーに何者からか「お前たちのちっぽけな現実を救ったと思ったか?」という問いかけがされるなどこれまで以上に不穏なシーズンとなっている。

 『フォートナイト』のワンタイムイベントでは、今回のように自ら物語の主人公となるような体験ができる。チャプター2シーズン8にてワンタイムイベントが行われるかどうかは不明となっているが、普段のプレイでもバナナそのまんまのキャラクターや、触れたものを金に変える謎の人物など個性豊かすぎるキャラクターが登場するほか、毎シーズン追加される新たな武器などで混沌とした世界観が楽しめる。

 さらに、ワンタイムイベントなどではその混沌をまとめ上げるハードSFのシナリオも楽しめるのでおうち時間が増えた今、ぜひプレイしてみてほしい。『フォートナイト』は基本プレイ無料となっている。

ライター
ベヨネッタとロリポップチェーンソーでゲームに目覚めました。 3D酔いと戦いつつゲームをする傍ら、学生をしています。
Twitter:@d0ntcry4nym0re
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ