新デザインの実物大「ν(ニュー)ガンダム」がららぽーと福岡に建造へ。「水星の魔女」「ククルス・ドアンの島」などの新作アニメやドバイ国際博覧会の世界展開が発表

 バンダイナムコグループの横断プロジェクトである「ガンダムプロジェクト」は9月15日に開催された「第2回ガンダムカンファレンス」にて、新たに実物大の「ν(ニュー)ガンダム」の建造や『ガンダム』シリーズの新作アニメの情報など、同プロジェクトが展開する新たな企画を発表した。

 実物大の「ν(ニュー)ガンダム」は2022年の春に「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」に建造を予定していると発表された。

 デザインは1988年に公開された映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』にてアムロ・レイが搭乗した「RX-93ν ガンダム」をベースにした新機体の「RX-93ffν ガンダム」となっており、武装が「フィン・ファンネル」から「ロングレンジ・フィン・ファンネル」となり、富野由悠季監督の監修のもと、トリコロールカラーのマーキングが施されている。

 同じく「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」にはガンダムの世界を体感できる新スポット「ガンダムパーク福岡」を計画しており、オープンスペースとガンダムのエンターテインメント施設が融合した「ガンダム複合空間」になるという。

 また、『ガンダム』シリーズの全世界展開に向けて、2022年に新たなガンダムシリーズ3作品の公開が決定し発表された。

 TVアニメーション最新作として、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』が2022年に放送開始となる。本作は『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の放映から7年ぶりの新作であり、10代を中心とした若年層のファン獲得を目指し、今まで以上の大型展開を予定しているという。


 
 くわえて、新作の映画作品として『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』の製作が決定した。

 監督は富野由悠季氏と共に数々の作品を手掛け、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』でも知られ安彦良和氏が担当する。

 本作はジオン軍の脱走兵であるククルス・ドアンとアムロ・レイが出会い、人々が戦争の悲惨さに苛まれる姿を描く『機動戦士ガンダム』の第15話「ククルス・ドアンの島」にフォーカスし、新たな切り口で描く作品となる。

 さらに新作スピンオフ作品の『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ウルズハント』と、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の世界観がゲームで楽しめるスマートフォン向けアプリ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズG』が2022年春に配信開始予定している。

 配信にあわせて『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の全9回の特別編が、2022年春に放送を予定しており、番組内では『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ウルズハント』の一部が収録される。

 このほかにも、ドバイ国際博覧会日本館のPRアンバサダーとしてのガンダムの世界展開や「ガンダムマンホール」などの地方活性、横浜市と連携した教育プログラムや循環型社会の形成を目指す「ガンプラリサイクルプロジェクト」などが発表されており、詳細は本記事に掲載するプレスリリースの全文を参照されたい。

 プレスリリースの全文は以下の通り。

「第2回ガンダムカンファレンス」開催 ガンダムを通じて社会問題を考えるサステナブルプロジェクト「GUDA」よりガンダムエデュケーショナルプログラム始動
ガンダム新立像計画や2022年新作アニメーション展開など最新情報も発表!

バンダイナムコグループの横断プロジェクト「ガンダムプロジェクト」は、本日、グループのガンダム事業統括者であるチーフガンダムオフィサー(CGO)藤原 孝史(ふじわら こうじ)が登壇し、「第2回ガンダムカンファレンス」を開催いたしました。

第2回となる今回のカンファレンスでは、ガンダムを通じて社会問題を考えるサステナブルプロジェクト「GUNDAM UNIVERSAL CENTURY DEVELOPMENT ACTION (GUDA)」より、「ガンプラリサイクルプロジェクト」や「ガンダムオープンイノベーション」に続く第3弾として、教育分野における​新たなプロジェクト「ガンダムエデュケーショナルプログラム」について発表いたしました。

さらに、「第1回ガンダムカンファレンス」にて発表した、ガンダムを世界最大級のIP(キャラクターなどの知的財産)へと拡大させるための構想や施策の進捗状況をご紹介するとともに、外部パートナーを新たに『G-PARTNER』と呼称することや、実物大ガンダム新立像の計画や2022年の新作アニメーション展開などの新たな取り組みの発表をいたしました。

今後も、グループだけではできないことへ挑戦し、SP(社会的アイコン)への成長をはかるとともに、ガンダムを通じてより良い未来の実現を目指してまいります。今後のガンダムの各種プロジェクトにご期待ください。

【 GUDA第3弾および続報の発表 】 

■ガンダム×教育「ガンダムエデュケーショナルプログラム」がスタート
- 横浜市教育委員会事務局と共同で実施する体験型プログラム「ガンダムファクトリー横浜エデュケーショナルサポート」
- 全国の小学校に向け、ガンプラを通じてものづくりを考える「ガンプラアカデミア」の展開をスタート
■リサイクルの日に合わせた「ガンダムリサイクル作戦」や「ガンダムオープンイノベ―ション」の続報も

【「第2回ガンダムカンファレンス」で発表した各種施策~『G-PARTNER』との取り組みも~】

<世界展開>
■ドバイ国際博覧会日本館PRアンバサダーデザインのガンプラを世界中の「THE GUNDAM BASE」で発売

<2022年ガンダムシリーズのアニメーション展開>
■2022年   新作TVアニメーション『機動戦士ガンダム 水星の魔女』放送決定
■2022年   新作映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』劇場公開決定
■2022年春  TVアニメーション『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』特別編(全9回)放送決定

<立像・新施設誕生>
■2022年春 世界のファンに向けて実物大ν(ニュー)ガンダム立像およびガンダムの世界を体感できる新スポット「ガンダムパーク福岡」が三井ショッピングパーク ららぽーと福岡に誕生

<地方活性>
■「ガンダムワールド2021 コントラスト」12月24日(金)より名古屋パルコにて開催決定
■「ガンダムマンホール」プロジェクト拡大に向けて全国の自治体との連携を推進中

「GUNDAM UNIVERSAL CENTURY DEVELOPMENT ACTION (GUDA)」の取り組み

「GUDA」第3弾:ガンダム×教育 「ガンダムエデュケーショナルプログラム」がスタート!
・ガンダムファクトリー横浜エデュケーショナルサポート<G-PARTNER:横浜市教育委員会事務局>
・ガンプラアカデミア<G-PARTNER:(株)NHKエデュケーショナル、NPO法人企業教育研究会>

ガンダムを通じて社会問題を考えるサステナブルプロジェクト「GUNDAM UNIVERSAL CENTURY DEVELOPMENT ACTION (GUDA)」より、第3弾として教育分野における新たなプロジェクト「ガンダムエデュケーショナルプログラム」を始動し、2つの取り組みを実施いたします。

1つ目の取り組みとして、「ガンダムファクトリー横浜エデュケーショナルサポート」を実施いたします。本取り組みは、「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」(※)にて、18mの“動くガンダム”を目の前に、制作に携わってきた研究者や技術者、スタッフから、ものづくりの楽しさや将来のキャリア、プログラミングなどについて考えるきっかけづくりを行う体験型プログラムです。横浜市教育委員会事務局と連携し、教育活動の一環としての活用を横浜市立小学校、中学校、義務教育学校および特別支援学校を対象に、この秋より受講希望校を募集予定です。

2つ目の取り組みとして、「ガンプラアカデミア」を実施いたします。「ガンプラアカデミア」とは、ガンプラを通してものづくりの楽しさと地球環境について考える無償の授業パッケージです。ガンプラ組み立て体験と、(株)BANDAI SPIRITSのプラモデルを生産する工場「バンダイホビーセンター」の設備や、生産工程、生産に関わる人々による仕事を紹介する配信映像を通して、優れた技術や持続可能なものづくりのための工夫への関心を高めることを目的としています。
2021年9月より、全国の小学校にご案内し、10月より実施いたします。

※「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」とは
株式会社Evolving Gが運営する2020年12月に横浜市の山下ふ頭にオープンした複合施設で、全高18メートルの実物大“動くガンダム”が注目を集めています。サステナブルな取り組みの一環として、みんな電力株式会社と横浜市風力発電所「ハマウィング」で発電した電力を同施設に供給することに合意し、5月より供給を実施しております。再生可能エネルギー100%の電力が供給されることで、電力由来のCO2排出量はゼロとなっております。

10月20日(水)より、ガンダムを通じてリサイクル意識を高める「ガンダムリサイクル作戦」が始動

<G-PARTNER:(株)パルコ、住友不動産(株)、(株)エフ・ジェイエンターテインメントワークス、横浜市、横浜高速鉄道(株)、千葉市科学館、エスモール、片町きらら など>

ファンの皆さまから回収したランナー(ガンダムのプラモデル「ガンプラ」の枠の部分)をリサイクルし、循環型社会の形成を目指す「ガンプラリサイクルプロジェクト」では、ファンの皆さまのご協力により、ランナーの回収量は2021年4月からの1年間で約10トン程度を見込んでおります。そこで、本企画をより多くの方に認知してもらい、ガンダム、ガンプラを通じて社会のリサイクルの意識を高めたいという思いにより、この秋、新たに「ガンダムリサイクル作戦」を実施いたします。

「ガンダムリサイクル作戦」では、10月20日(水)リサイクルの日から約1か月間、リサイクル材を使用したプラモデル「エコプラ」のガンプラ体験キットを無料配布することで、リサイクルについて学ぶ機会を提供いたします。楽しくガンプラを作成した後、ランナーを実際に回収ボックスに入れてもらうことでリサイクルを身近に感じていただく企画です。本企画の『G-PARTNER』である各社にもご協力いただき、日本各地で展開を予定しております。

「ガンダムリサイクル作戦」のフィナーレとして、11月20日(土)・21日(日)に新宿住友ビル三角広場にてイベントを開催いたします。全国各地で集めたランナーを会場に一堂に集め、ファンの皆さまのご協力やその想いを視覚化したインスタレーション展示を行い、リサイクルの重要性を発信いたします。

各地のイベント会場、日程に関しては、本日公開する公式サイトをご確認ください。
・「ガンダムリサイクル作戦」公式サイト:https://bandai-hobby.net/site/operation-R/
※状況により、延期もしくは中止になる場合がございます。

「ガンダムオープンイノベーション」公募期間拡大決定!

ガンダムを活用したサステナブルプロジェクト「GUNDAM UNIVERSAL CENTURY DEVELOPMENT ACTION(GUDA)」では、世界中のファンや企業の皆さまと手を組み、未来の子どもたちのためにさまざまなアクションを企画・実行しております。その一環として、人口問題・地球環境問題などの多様な社会課題に対応するための新しい発想や技術を募集する「ガンダムオープンイノベーション」を実施しておりますが、この度、その公募期間を1か月間拡大することを決定いたしました。

今年7月に発表した際は、8月15日(日)第一次締切、9月15日(水)に最終となる第二次締切として予定しておりましたが、現在、想定以上の応募が寄せられ、併せて延長をご希望される声も頂戴しております。そこで、より多くの方々からのご提案の機会を確保したいという想いから、新たに第三次締切を追加し、10月15日(金)を最終の公募締切とする運びとなりました。さらなるアイデアのご応募をお待ちしております。

詳細は「ガンダムオープンイノベーション」公式サイトをご確認ください。
・「ガンダムオープンイノベーション」公式サイト:https://www.bandainamco.co.jp/guda/goi/index.html

「第2回ガンダムカンファレンス」で発表した各種施策 ~『G-PARTNER』との取り組みも~

ドバイ国際博覧会PRアンバサダーデザインのガンプラを世界中の「THE GUNDAM BASE」で発売

2021年10月1日(金)から2022年3月31日(木)まで開催されるドバイ国際博覧会日本館のPRアンバサダーをガンダムが務めます。世界に向け、ガンダムを通して日本の魅力を発信いたします。

さらに、PRアンバサダーとしてデザインされたガンダムをプラモデル化し、ドバイだけではなく世界の「THE GUNDAM BASE」(※)などで販売いたします。また、ドバイ市内では同期間で「ガンプラショールームドバイ」という展示も実施し、ドバイ国際博覧会を盛り上げます。

ワールドワイドでガンダムの存在感を示すまたとない機会と捉え、ドバイ国際博覧会日本館と共にドバイ国際博覧会の成功に向けて協力してまいります。

※「THE GUNDAM BASE」は、「ガンプラ」を主体とした総合施設のことです。

ガンダムシリーズの全世界展開に向けて2022年にガンダムシリーズ3作品の公開決定!

(株)サンライズが製作するガンダムシリーズのアニメーションに関して、2022年公開予定の3作品について発表いたしました。

■2022年 新作TVアニメーション『機動戦士ガンダム 水星の魔女』

ガンダムシリーズ待望のTVアニメーション最新作、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』を2022年に放送開始いたします。ガンダムシリーズのTVアニメーション作品としては、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の放送から7年ぶりの新作となります。

バンダイナムコグループが総力をあげて展開するのはもちろん、『G-PARTNER』とも取り組み、新たなタッチポイントを創出することで、今まで以上の大型展開を目指します。『機動戦士ガンダム水星の魔女』は、全世界の10代を中心とした若年層のファンを獲得するための展開に注力し、今後のガンダムを支えていく作品を目指してまいります。
・『機動戦士ガンダム 水星の魔女』公式サイト:https://g-witch.net/

■2022年 新作映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』

安彦良和監督による新作映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』の製作が決定いたしました。
『機動戦士ガンダム』第15話の『ククルス・ドアンの島』にフォーカスし新たな切り口で描く作品となっています。2022年に劇場公開予定です。
・『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』公式サイト:https://g-doan.net/

■2022年春 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』
スマートフォン向けアプリケーション始動および特別編(全9回)がTV放送決定。

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』TVシリーズのスタッフが再集結し手掛ける最新作『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ウルズハント』と、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の世界観がゲームで楽しめるスマートフォン向けアプリケーション「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズG」が2022年春に配信開始予定です。

また、配信にあわせて『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』特別編(全9回)が、2022年春放送予定です。番組内では『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ウルズハント』の一部をご覧いただける予定です。
・『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』公式サイト:http://g-tekketsu.com/
・スマートフォン向けアプリケーション「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズG」公式サイト:https://g-tekketsu.ggame.jp/

2022年春 世界のファンに向けて“新機体”の実物大ガンダム立像
「RX-93ffν ガンダム」 三井ショッピングパーク ららぽーと福岡に設置決定!

さらに、ガンダムの世界を体感できる新スポット「ガンダムパーク福岡」 を計画中!
<G-PARTNER:三井不動産(株)、九州電力(株)、西日本鉄道(株)、(株)乃村工藝社>

2022年春、三井ショッピングパーク ららぽーと福岡に「実物大ν(ニュー)ガンダム」立像を設置いたします。今回の立像は、国内だけではなく世界でも人気のある1988年に公開された映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場した「RX-93ν ガンダム」をベースにした新機体「RX-93ffν ガンダム」で、ロングレンジ・フィン・ファンネルと、『機動戦士ガンダム』シリーズの総監督を務める富野由悠季氏監修のもと、トリコロールのマーキングが施されております。その他、ファンの方に喜んでいただける仕掛けも予定しておりますので、今後の発表にご期待ください。

さらに、同じく三井ショッピングパーク ららぽーと福岡に ガンダムの世界を体感できる新スポット「ガンダムパーク福岡」を計画中です。本施設は(株)バンダイナムコアミューズメントと(株)BANDAI SPIRITSが展開いたします。

「ガンダムパーク福岡」はオープンスペースとガンダム要素を持つエンターテインメント施設が融合したガンダム複合空間として、今までにないガンダム最新スポットになる予定です。詳細は今後発表いたしますのでご期待ください。

「ガンダムワールド2021コントラスト」12月24日(金)より名古屋パルコからスタート!

「ガンダムワールド2021コントラスト」は、これまで開催してきたガンダムの世界観を体感できるイベント「ガンダムワールド」をリニューアルし、『機動戦士ガンダム』と『機動戦士ガンダムSEED』の2つの作品を、主人公の心の成長ストーリーに焦点をあて、単独のストーリーでは語れないコントラストを織りなす今までにないイベントです。記念すべき第1回は、2021年12月24日(金)から2022年1月16日(日)まで名古屋パルコにて開催し、今後全国を巡回していく予定です。
※状況により、延期もしくは中止になる場合がございます。

「ガンダムマンホール」プロジェクト拡大に向けて全国の自治体との連携を推進中!

<G-PARTNER:全国地方自治体>

国内外から各地域への来訪客増を目指す取り組みとして、『機動戦士ガンダム』シリーズに登場するキャラクターやモビルスーツなどがデザインされたマンホール蓋「ガンダムマンホール」を全国のさまざまな場所へ設置する「ガンダムマンホール」プロジェクトでは、8月1日(日)に神奈川県小田原市にガンダムとシャア専用ズゴックの2枚が設置されました。
現在、新たに北海道・栃木県・神奈川県の自治体と協議中です。
自治体の皆さまからの応募は引き続き受け付けておりますので、ぜひご応募ください。
・「ガンダムマンホール」プロジェクト公式サイト:http://gundam40th.net/g-manhole/

【©表示】
■ 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』特別編、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ウルズハント』、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズG」
<日本語表示> ©創通・サンライズ・MBS
<英語表示> ©SOTSU・SUNRISE・MBS
■上記以外
<日本語表示> ©創通・サンライズ
<英語表示> ©SOTSU・SUNRISE
※画像素材を掲載・使用される際は、必ず上記の©表示を記載いただきますよう、お願いいたします。

※本プレスリリースの情報は2021年9月15日(水)時点のものであり、各施策の日程や内容は、予告なく変更する場合がございます。
※画像はイメージを含みます。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ