『パワポケR』にミニゲームモードが搭載されることが明らかに。発売後アップデートによって複数人プレイにも対応、さらなる育成ができる「俺のペナント」も配信へ

 コナミデジタルエンタテインメントは、11月25日(木)に発売する『パワプロクンポケットR』「ミニゲーム」が遊べるモードを搭載することを発表した。

 『パワプロクンポケット』シリーズは『パワフルプロ野球』シリーズの姉妹作品で、1999年から2011年にかけて16作品が携帯ゲーム機で発売された。メインモードの「サクセス」では、忍者戦国編やRPG風ファンタジー編、電脳野球編などを代表に、奇想天外なシナリオが展開されることが特徴となっている。

 今回発表された『パワプロクンポケットR』の「ミニゲーム」モードでは、シナリオ「極亜久高校編」「ドリルモグラーズ編」に登場する8つのミニゲームを楽しめる。

『パワポケR』にミニゲームモードが搭載されることが明らかに。発売後アップデートによって複数人プレイにも対応、さらなる育成ができる「俺のペナント」も配信へ_001
流れる音符にあわせてボタンを押す「ドレミファ・ポン!」
『パワポケR』にミニゲームモードが搭載されることが明らかに。発売後アップデートによって複数人プレイにも対応、さらなる育成ができる「俺のペナント」も配信へ_002
サッカー部員をかわしゴールを決める「てけてけサッカー」

 また、発売後のアップデートにより「ミニゲーム」モードの複数人プレイと、サクセスなどで育成した選手をさらに育てる「俺のペナント」モードが追加されることも明らかになった。

 「俺のペナント」モードでは、架空の球団で争うペナントレースを行うことができる。「サクセス」や、新たな育成モード「サイバーバル」で育てた選手をさらに成長させることができるようだ。

『パワポケR』にミニゲームモードが搭載されることが明らかに。発売後アップデートによって複数人プレイにも対応、さらなる育成ができる「俺のペナント」も配信へ_003

 『パワプロクンポケットR』は、Nintendo Switch向けに11月25日の発売を予定。
 早期購入特典として、ゲームボーイアドバンスで発売された『パワポケダッシュ』をNintendo Switchで遊べるようになるダウンロードコンテンツなどが用意されている。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ