『SIREN』に携わった外山圭一郎氏率いるボーカゲームスタジオの最新映像が公開。コンセプトアーティストの髙橋美貴氏が新作タイトルの敵キャラクターについて語る

 アクションホラーゲーム『SIREN(サイレン)』『サイレントヒル』に携わった外山圭一郎氏が代表取締役を務めるBokeh Game Studio(ボーカゲームスタジオ)は10月12日(火)、同社でコンセプトアーティストを務める髙橋美貴氏へのインタビュー映像を公開した。本映像では、同社が開発する新作ホラーゲームの敵キャラクターに関する情報も語られている。

 髙橋氏は、武蔵野美術大学の視覚伝達デザイン学科を卒業後、ソニー・コンピュータエンタテインメント(現在のソニー・インタラクティブエンタテインメント)へ入社。『SIREN』シリーズに登場する敵キャラクター「屍人(しびと)」「闇人(やみびと)」のデザインに携わった実績を持つ。今回公開された髙橋氏へのインタビュー映像では、ゲーム業界へ入ったきっかけが最初に語られている。

 「(ただゲームが好きなだけで)ゲーム業界へ入ろうとは思っていなかった」と子ども時代を振り返った高橋氏は、武蔵野美術大学へ進学後に映像やCG技術への関心を深め、業界でCG技術が通用することを知ってゲーム業界へ進んだという。

(画像はYouTube「Focus – Concept Artist: Miki Takahashi」より)
(画像はYouTube「Focus – Concept Artist: Miki Takahashi」より)

 続いて、代表作となる『SIREN(サイレン)』シリーズとの出会いについては、初代『SIREN』(2003)のプロジェクトへ途中から加わり、空きがある「屍人」のデザインを担当したエピソードを語った。続く『SIREN2』(2006)では、プロジェクトの初期段階から服装を含めた「闇人」のデザインや設定を担当。2008年に発売された『SIREN:New Translation』でも同様に「屍人」のデザイン・設定を手がけている。

 髙橋氏の描く絵は子ども時代から暗い印象を持っていたようだが、自身にとって「一番好きなスタイルで、落ち着くスタイルだったので『SIREN』に参加できたのは自分にとってラッキー。自分の特性・作品にピタッとはまったような感じがしている」と振り返った。

(画像はYouTube「Focus – Concept Artist: Miki Takahashi」より)
(画像はYouTube「Focus – Concept Artist: Miki Takahashi」より)
(画像はYouTube「Focus – Concept Artist: Miki Takahashi」より)

 また、映像では驚かせる意図ではなく面白さや美しさ、哀しさを込めたデザインへの思いに加えて、Bokeh Game Studioが制作している第一弾タイトルの敵キャラクターに関する背景とデザインの意図が語られている。

 髙橋氏によると、敵キャラクターは哀れみや滑稽さを感じさせるものとして「もともと人間であった」部分を残しつつも、さまざまな生物の「人間にはない強烈な生命力」が広い範囲でデザインへ落とし込まれるようだ。

 映像の最後では、本来人間が避けて通りたいと思うはずのものをわざわざ体験する“娯楽としてのホラー”について、人間らしさへ起因する複雑な面白さ・楽しさへチャレンジしたいとする髙橋氏の思いも語られた。

 Bokeh Game Studioではこれまでにも、クリエイティブディレクターの外山氏とプロデューサーの佐藤一信氏へのインタビュー映像を公開している。興味があれば該当の記事とあわせてチェックしてみてほしい。

『サイレントヒル』『サイレン』外山氏が開発中の「新作ホラーゲーム」について公式映像で語る。Bokeh Game Studioの第一作は氏の作風を全面に押し出したものに、興味深いアートワークも公開

Bokeh Game Studioの新作プロジェクトに関する最新映像公開。『SIREN』『人食いの大鷲トリコ』に携わったプロデューサーの佐藤一信氏が進捗を語る

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。 コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ