Nintendo Switch版『殺しの館』が配信停止に。心霊番組のため廃屋に侵入したニュース班が殺人鬼に襲われるサバイバルホラー。Xbox版は引き続き購入可能

 Puppet Comboが発売しているサバイバルホラー『殺しの館』(『Murder House』)のNintendo Switch版が先日から配信停止になっている。記事執筆時点ではストアページ自体が見当たらず、購入することができない。

 Xbox One、Xbox Series X|Sでは引き続き購入が可能だ。

 『殺しの館』は、プレイステーションやセガサターンなどの32bit時代を思わせるローポリゴンが特徴の三人称視点のサバイバルホラー。

 本作は10月15日から日本語版Nintendo SwitchとXboxで発売が開始していたが、記事執筆時点では、Nintendo Switch版が購入ができない状態になっている。なお2020年にはPC(Steam)版でも発売しているが、こちらは記事執筆時点では日本語に対応していないようだ。

 現在のところ日本語版を購入できるのはXbox版のみとなる。

(画像はMicrosoft Store『殺しの館』より)
(画像はMicrosoft Store『殺しの館』より)
(画像はMicrosoft Store『殺しの館』より)
(画像はMicrosoft Store『殺しの館』より)

 ゲームは、すでに処刑されている悪名高き連続殺人犯アンソニー・スミスの古い廃屋で、地元のニュース班が「心霊番組」を撮ろうと乗り込んだところ、ウサギのきぐるみ姿をした謎の殺人鬼に襲われるというもの。

 ローポリゴンさが不気味なのに加えて、凄惨な残酷描写が特徴だ。なおNintendo Switch版では、海外を中心にアイコンが「不気味すぎる」と声が挙がっており、購入したユーザーからTwitterにて「修正して欲しい」という声が寄せられているが、発売・開発元のPuppet Comboは「No」と拒否している。

 今回のNintendo Switch版の『殺しの館』の配信停止については、Puppet Comboがアナウンスをしていないため、詳細が不明だ。

 Nintendo Switch版の『殺しの館』は、日本国内のコンピュータエンターテインメントレーティング機構によるCEROレーティングではなく、国際年齢評価連合のIARC汎用レーティングマークによって販売されていたため、年齢区分による影響の可能性も考えられる。

 なおNintendo Switchのダウンロードゲームはしばしば配信停止になる作品があるが、しばらくすると配信を再開するパターンもある。その多くで詳細は明かされていないが、今回のNintendo Switch版『殺しの館』も早期の発売再開を望みたいところだ。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ