『グランツーリスモ7』で味わえるクルマ文化の魅力を紹介する映像“Behind The Scenes”新たに「コレクター」と「レーサー」の2本の動画が公開

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントはドライビングシミュレーター『グランツーリスモ7』について、Behind The Scenes「コレクター」および「レーサー」のふたつの映像を公開したと発表した。

 Behind The Scenes映像は“Find Your Line”のメッセージのもと、『グランツーリスモ7』で見出すことのできるクルマや自動車文化の楽しみについて、クリエイターである山内一典氏が紹介する映像だ。
 10月26日には、クルマの美しさを鑑賞する文化や自らドライブを楽しむ文化など、さまざまな面からカーカルチャーを考える「スタートライン」映像が公開されていた。

 「コレクター」映像は、クルマをコレクションするというカーカルチャーの側面について紹介するものとなっている。それぞれのクルマに歴史がありそれらを集めることにはとても価値があること、そして『グランツーリスモ7』には400台以上の魅力的なクルマが登場することが挙げられた。
 山内氏の言葉によれば、これまでの自動車の歴史の中で魅力を放っていたクルマの大半を『グランツーリスモ7』で手に入れることができるようだ。

 「レーサー」映像ではクルマのメカニズムやドライビングといった、「走る」ことにフォーカスした楽しみが提示されている。レースにあわせた音の感覚、そしてクルマの運動に応じた振動など『グランツーリスモ7』で味わえる体験が紹介された。

 『グランツーリスモ7』は2022年3月4日に発売予定。対応プラットフォームはPS4、PS5となる。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ