バーチャル空間で触れたモノが実際に感じられるようになる…!? 離れた相手と手もつなげる夢のグローブ型触覚デバイスをMetaが開発中

 Meta(旧Facebook)は11月17日(水)、仮想空間内で体験した重さや感触などの触覚情報を現実にフィードバックするグローブ型デバイスの試作版を公開した。ARやVRに特化した同社の研究部門「Reality Labs」が開発する。

 10月末の社名変更が大きく報じられ、メタバース(仮想空間)事業への進出が注目を集めるMeta。業界トップクラスのシェアを誇る、同社のVRヘッドセット「Oculus」もブランド名を「Meta」へと変える方針が明かされており、イメージを刷新して本格的な展開に乗り出す構えをみせた。

 今回披露された「触覚グローブ」には、多数のセンサーと電気信号によって動く装置「アクチュエータ」が搭載されている。仮想オブジェクトの圧力や振動、テクスチャといった情報を感知し、アクチュエータが装着者への手へと反応を伝えることで、デジタル世界の体験が触覚を通じてリアルに感じられるようになるのだ。

(画像は「Tech@Facebook」公式ブログより)

 この革新的技術によって、バーチャルな空間はさらなる拡張を遂げる。遠く離れた相手とも互いに触れ合う感覚を共有し、握手や指相撲で心を通わすのも不可能ではない。ジェンガの繊細なバランスを指先で確かめつつ遊ぶことすらできる、まさに夢のテクノロジーと呼んでよいだろう。

(画像は「Meta」公式Twitterより)
(画像は「Meta」公式Twitterより)
(画像は「Meta」公式Twitterより)

 本プロダクトの開発は7年前から進められており、長時間の使用にも耐えられるよう、素材や製造技術を独自に作り上げたという。感覚をレンダリングするためのソフトウェアや、世界初の「高速マイクロ流体プロセッサ」を構築し、ミリ単位のアクチュエータの制御を実現するなどゼロベースで研究が重ねられている

「ゴム」や「木」など、異なる素材の質感をシミュレートし開発(画像は「Tech@Facebook」公式ブログより)
世界初の技術「高速マイクロ流体プロセッサ」(画像は「Tech@Facebook」公式ブログより)

 プロジェクトの発起人でもあるリサーチディレクターのショーン・ケラー氏は「まだ発売段階ではない」と述べているが、Metaが2021年に年間100億ドル(約1兆1,400億円)以上をメタバース事業に投資する力の入れようを考えると、私たちが実際に触れられる日もそう遠くないのかもしれない。発売されればゲームにおける没入体験が一段と深まることから、製品化を楽しみに待ちたいところだ。

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ