日本のゲームが世界的な快挙を達成! 『ダークソウル』が世界的に権威あるアワードで「史上最高のゲーム賞」に輝く。『マイクラ』や『スーパーマリオ64』など錚々たるメンツを抑え、この50年での「オールタイム・ベスト」に

 11月24日、イギリスで開催された世界最大級のゲームアワード「ゴールデン・ジョイスティック・アワード」にて、史上最高のゲーム作品を決める「Ultimate Game of All Time」の受賞作品が発表され、オンライン投票で日本のフロム・ソフトウェアの『ダークソウル』が賞の栄冠を手にしたことが明らかとなった。

 ゴールデン・ジョイスティック・アワードは、1983年から30年以上にわたり開催されてきた、世界で二番目に古いと言われる権威あるゲームアワード。2021年は世界初の商業ゲーム「Computer Space」(1971年)が登場してから50周年であることを祝し、これまで発売されてきた約110万本ものゲームから史上最高の作品を決める「Ultimate Game of All Time」賞が特別に設けられた。

 オンライン投票による票割合は、受賞した『ダークソウル』の12%にはじまり、次いで『ドゥーム』(1993)が11%、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が10%、『ハーフライフ2』が9%、『マインクラフト』が8%と大接戦となった。

■「Ultimate Game of All Time」ノミネート作品
・『マインクラフト』
・『ラスト・オブ・アス』
・『ドゥーム』(1993)
・『ダークソウル』
・『テトリス』
・『スーパーマリオ64』
・『ストリートファイター2』
・『スペースインベーダー』
・『ポータル』
・『ポケモンGO』
・『スーパーマリオカート』
・『グランド・セフト・オート V』
・『スーパーマリオブラザーズ3』
・『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』
・『ヘイロー コンバットエボルヴ』
・『メタルギア・ソリッド』
・『ハーフライフ2』
・『コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア』
・『パックマン』
・『シムシティ』(1989)

 ノミネート作品は、同アワードにおける過去の受賞作やノミネート作、EdgeやRetroGamesといった海外の著名ゲーム雑誌によるTOP100リストを組み合わせ、重複を除外した150本ほどがまず選出された。そこから審査委員会のメンバーがそれぞれ上位20作品の候補リストを提出している。審査員には開発者やパブリッシャー、ゲームメディア出身者などゲーム業界の著名人や重要人物が名を連ねている。

 評価基準としては、当時のレビューだけでなく現代で再評価されているかといったものに加え、ゲームに新しいジャンルやフォロワーを生み出したかといった影響力、商業的な成功、さらに社会的に影響を与えたかが軸となっており、またほかにも審査員個人の主観的な解釈も認められた。

 これらの判断基準から、たとえばゲームデザイン的には『メタルギアソリッド3』が最高の作品であるにも関わらず、ステルスジャンルの発明や映画的な手法の開発という意味で初代が選ばれるなど、シリーズモノでは選考がさまざまな面で考えられたことが伝えている。また、たとえば『ポケモンGO』はシリーズ唯一の選出作品だが、ゲームデザインではなく文化的影響やプレイヤーコミュニティに対する重要性の観点から選ばれた。

『DARK SOULS: REMASTERED』
『DARK SOULS: REMASTERED』
『DARK SOULS: REMASTERED』

 『テトリス』や『マインクラフト』といったそうそうたるノミネート作品の中から選ばれた『ダークソウル』は、2011年9月にPS3で発売されたフロム・ソフトウェア開発のアクションRPG。『デモンズソウル』から続く骨太なアクション性や未知のエリアを突き進む探索の緊張感などが高い評価を受け、現在まで続く『ソウル』シリーズの世界的な人気を決定づけたタイトルとなっている。

 なおその系譜を継ぐ2022年2月25日に発売予定の最新作『エルデンリング』は、今後発売予定の作品から選出される「もっとも期待されるゲーム賞」(Most Wanted Game)を受賞しており、今年度のゴールデン・ジョイスティック・アワードではフロム・ソフトウェアの世界的な人気や影響力があらためて垣間見えたと言えるだろう。

 フロム・ソフトウェア代表取締役社長でありディレクターの宮崎英高氏は今回の受賞について電ファミ編集部に対し、「まだ信じられない気持ちだが、大変な栄誉だと感じている」とコメント。当時開発に関わった人々やゲームをプレイしたユーザーに感謝した。また、現在開発中の最新作『エルデンリング』は『ダークソウル』でゲーム制作者のキャリアをはじめたスタッフたちが中核となっており、そういう意味でも感慨深い受賞になったと伝えている。

 『ダークソウル』受賞に関する宮崎氏のコメント全文は以下のとおり。

宮崎英高氏コメント
 この度は、このような素晴らしい賞をいただき、誠にありがとうございます。錚々たるノミネート作品の中から、ユーザーさんに選んでいただけたこと、まだ信じられない気持ちですが、大変な栄誉だと感じています。

 フロム・ソフトウェア、バンダイナムコエンターテインメントをはじめとして、当時開発に携わり、協力し、応援してくださった全ての皆さんのお陰ですし、何よりも、ゲームをプレイし、支持してくださったユーザーの皆さんのお陰です。本当にありがとうございました。

 当時、新人としてフロム・ソフトウェアに入り、ダークソウルからゲーム制作者のキャリアをはじめたスタッフ達が、今は成長し、最新作、エルデンリングの中核となってくれています。そういった意味でも、今回、とても感慨の深い受賞になりました。

 これからも、面白い、価値あるゲームを作っていこうと思います。楽しみにしてもらえれば、嬉しいです。宜しくお願いします!

フロム・ソフトウェア ディレクター
宮崎英高

 また、電ファミニコゲーマーではこの快挙を記念して、フロム・ソフトウェアの北尾泰大氏(@YasuhiroKitao)をお呼びして今回の受賞について語るTwitterスペースを実施する。
 本日11月24日お昼12時より電ファミ公式Twitter(@denfaminicogame)で開催するので、興味のある方はご視聴いただけると幸いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ