“戦闘力5”の一般人チームと超強い悪役に分かれて戦う『ドラゴンボール ザ ブレイカーズ』がクローズドベータテストを12月に実施へ。参加者の募集も開始

 バンダイナムコエンターテインメントは11月24日(水)、非対称型オンライン対戦ゲーム『ドラゴンボール ザ ブレイカーズ』について、PC(Steam)を通じたクローズドベータテスト12月4日(土)と5日(日)に実施すると発表した。あわせて11月25日(木)よりテスターの募集受付を開始している。

 『ドラゴンボール ザ ブレイカーズ』は、鳥山明氏の原作による『ドラゴンボール』の世界を背景としたサバイバルアクションゲーム。プレイヤーは圧倒的な戦闘力を持つ「レイダー」1名と超パワーを持たない7名の「サバイバー」に分かれ、ステージからの脱出を賭けたバトルを繰り広げる。

 脱出には「超タイムマシン」の力が必要となり、フィールド内に散らばる「起動キー」を一定数設置すると起動に必要な装置を呼び出すことが可能。無事防衛を果たしてマシンを立ち上げればサバイバー側が勝利し、サバイバーを殲滅するか制限時間まで脱出を阻み続けるとレイダー側の勝ちとなる。

(画像はYouTube「『ドラゴンボール ザ ブレイカーズ』第1弾PV 」より)
(画像はYouTube「『ドラゴンボール ザ ブレイカーズ』第1弾PV 」より)
(画像はYouTube「『ドラゴンボール ザ ブレイカーズ』第1弾PV 」より)

 非対称型オンライン対戦ゲームといえば殺人鬼やゾンビが登場するダークな作風のものが多いなか、少年マンガ的設定やアニメ調のビジュアルを基調とする本作は異色のタイトルとして、11月の発表以来大きな注目を集めている。今回は2022年の発売に先がけ、以下の投稿に記された日程でクローズドベータテストが行われるとのこと。

 また、あわせてゲームのシステムを伝える最新映像も公開された。対戦の概要をはじめスキルや必殺技、レイダー特有の「進化」の詳細のほか、サバイバーが超戦士の力を一時的に宿すことのできる「ドラゴンチェンジ」、ドラゴンボールを集めると誰もが発動できる「神龍の召喚」など、一発逆転の可能性を秘めた独自要素の数々が紹介されている。

 『ドラゴンボール ザ ブレイカーズ』は、2022年にPS4、Nintendo Switch、Xbox One、PC(Steam)に向け発売を予定。販売価格は明らかとなっていない。クローズドベータテストへの応募受付は11月30日(火)の23時59分まで

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ