ダークな雰囲気とキュートなキャラクターが魅力のローグライト2Dアクション『Have a Nice Death』2022年3月に早期アクセスを開始

 パブリッシャーPerfect World Entertainmentは、12月10日(金)に行われた「The Game Awards」にて、『Have a Nice Death』早期アクセスを2022年3月に開始すると発表した。

 本作は2D横スクロールのスタイリッシュなアクションゲーム。暗くもかわいらしい世界を探索し、強力なボスに何度も挑んでいく。

 ゲーム中では30以上の武器と魔法が登場し、自分で好みの組み合わせを探しながら遊ぶことになるようだ。1度の攻略が終わると、進行に役立つアイテムやアップグレードをアンロックできる、ローグライト形式のゲームプレイになると紹介されている。

 主人公となる過労の死神や、ゴシップ好きでカボチャ頭のアシスタントなど、ダークな雰囲気ながらキュートな登場人物たちも魅力的。ゲーム中では、このほかにも多様なキャラクターに会えるようだ。

ダークな雰囲気とキュートなキャラクターが魅力のローグライト2Dアクション『Have a Nice Death』2022年3月に早期アクセスを開始_001
(画像はYouTube「THE GAME AWARDS 2021: Official Livestream」より)
ダークな雰囲気とキュートなキャラクターが魅力のローグライト2Dアクション『Have a Nice Death』2022年3月に早期アクセスを開始_002
(画像はYouTube「THE GAME AWARDS 2021: Official Livestream」より)
ダークな雰囲気とキュートなキャラクターが魅力のローグライト2Dアクション『Have a Nice Death』2022年3月に早期アクセスを開始_003
(画像はYouTube「THE GAME AWARDS 2021: Official Livestream」より)
ダークな雰囲気とキュートなキャラクターが魅力のローグライト2Dアクション『Have a Nice Death』2022年3月に早期アクセスを開始_004
(画像はYouTube「THE GAME AWARDS 2021: Official Livestream」より)

 『Have a Nice Death』は2022年3月に早期アクセス版をリリース予定。Steamストアページの記載によれば、早期アクセス期間は約1年を予定しているとのことだ。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ