Steamが「2021年の年間ベスト」を発表。売上上位には『CS:GO』や『GTAV』のような古参タイトルから『バトルフィールド 2042』『Valheim』など最新のゲームまでが並ぶ

 PCゲーム配信プラットフォームのSteamは12月28日(火)、「2021年の年間ベスト」を公開した。1年間を振り返り、「売上上位」「人気の新作」「最もプレイされたゲーム」などいくつかのカテゴリに分かれて発表されている。

 「売上上位」カテゴリには、2021年の1月1日から12月15日までの期間内に、Steamでもっとも収益を上げた100のゲームが並ぶ。トップとなる「プラチナ」には『レインボーシックス シージ』『デッドバイデイライト』『エーペックスレジェンズ』など、話題のオンライン対戦ゲームが集まった。
 
 また『Dota 2』『Counter-Strike: Global Offensive』『Grand Theft Auto V』はいずれも6年連続でのプラチナ入りを果たしたとのことで、各タイトルの根強い人気がうかがえる。

Steamが「2021年の年間ベスト」を発表。売上上位には『CS:GO』や『GTAV』のような古参タイトルから『バトルフィールド 2042』『Valheim』など最新のゲームまでが並ぶ_001
(画像はSteam『Grand Theft Auto V』販売ページより)

 「人気の新作」では、リリース後の2週間の収益をもとに、上位25位にランクインしたゲームとして『バトルフィールド 2042』『バイオハザード ヴィレッジ』『Valheim』などがみごとプラチナに輝いた。

 このうち『バトルフィールド 2042』や『Valheim』、『New World』『NARAKA: BLADEPOINT』売上上位のカテゴリでもプラチナに入っており、まさに2021年のSteamを代表するタイトルといっても大げさではないだろう。

Steamが「2021年の年間ベスト」を発表。売上上位には『CS:GO』や『GTAV』のような古参タイトルから『バトルフィールド 2042』『Valheim』など最新のゲームまでが並ぶ_002
(画像はSteam『Valheim』販売ページより)

 「最もプレイされたゲーム」では、1年間でプレイヤー数が3万人を超えたすべてのゲームを対象とし、もっともプレイヤー数の多かったゲームが紹介されている。なお、無料ウィークエンドや変則的なイベントによる、一時的なプレイヤーの急増は除外しているとのことだ。

 こちらの最上位に当たる「ピークプレイヤー数20万人以上」にはほかの分野でも名を挙げた『エーペックスレジェンズ』や『Valheim』、『Counter-Strike: Global Offensive』などが登場。また、『サイバーパンク 2077』は同カテゴリで唯一、マルチプレイ要素のないゲームながらランクインを果たしている。

Steamが「2021年の年間ベスト」を発表。売上上位には『CS:GO』や『GTAV』のような古参タイトルから『バトルフィールド 2042』『Valheim』など最新のゲームまでが並ぶ_003
(画像はSteam『サイバーパンク 2077』販売ページより)

 このほか、2021年中に早期アクセスを卒業した中での売上上位となった「トップ早期アクセス卒業ゲーム」「売上上位VRゲーム」「トップコントローラゲーム」といった、興味深いデータがいくつも紹介されている。気になる方はぜひSteamの公式ニュースをチェックしていただきたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ