人狼ループ・アドベンチャーゲーム『グノーシア』のSteam版が本日から配信開始。高い評価を受けた「1人でできる」物語重視の人狼ゲームがPCに登場

 PLAYISMは、情報番組「PLAYISM GAME SHOW 2022(日本語)」にて、人狼アドベンチャー『グノーシア』のSteam版本日1月23日に配信開始したと発表した。

 価格は税込2750円。PS Vita、Nintendo Switch版で展開したSteam版となる。

 『グノーシア』は、2019年6月にPlayStation Vita版、2020年4月にNintendo Switchダウンロード版が発売されたSF人狼系シミュレーション・アドベンチャーゲーム。

 プレイヤーは宇宙船に搭乗員として、搭乗員に紛れている嘘をついて人類を消す存在「グノーシア」を議論であぶり出し、投票によって「コールドスリープ」させていく。登場人物のセツとともに、ときには自らも「グノーシア」となって人狼ゲームを何度もループしながら、世界の謎へと迫ることとなる。

人狼ループ・アドベンチャーゲーム『グノーシア』のSteam版が本日から配信開始。高い評価を受けた「1人でできる」物語重視の人狼ゲームがPCに登場_001
(画像はSteam:GNOSIAより)
人狼ループ・アドベンチャーゲーム『グノーシア』のSteam版が本日から配信開始。高い評価を受けた「1人でできる」物語重視の人狼ゲームがPCに登場_002
(画像はSteam:GNOSIAより)
人狼ループ・アドベンチャーゲーム『グノーシア』のSteam版が本日から配信開始。高い評価を受けた「1人でできる」物語重視の人狼ゲームがPCに登場_003
(画像はSteam:GNOSIAより)
人狼ループ・アドベンチャーゲーム『グノーシア』のSteam版が本日から配信開始。高い評価を受けた「1人でできる」物語重視の人狼ゲームがPCに登場_004
(画像はSteam:GNOSIAより)

 今回のSteam版は日英に加えて、中国語(簡体字) にも対応。人狼を何度もプレイしながら、独創的なストーリーテリングが展開する。

 ステータスやスキルなどのシステムが導入されており、繰り返しながら変化していく「人狼ゲーム」と「ループもの」のシナリオが並走していく。特に1人用の人狼ゲームとストーリーが融合したゲームデザインは高い評価を獲得している。

 まだ未プレイという人はこのSteam版の配信をきっかけに遊んでみてはいかがだろうか。

【あわせて読みたい】

『グノーシア』はなぜ「革新的なアドベンチャーゲーム」と呼ぶにふさわしいのか。100回以上のループをプレイヤーに体験させ、AIに人間味を感じさせる野心作

【あわせて読みたい】

6000回ものテストプレイが傑作人狼ゲーム『グノーシア』を産んだ!「汎用テキストの再利用」によって誕生した、「本当に1000回遊べる推理ゲーム」の作り方とは

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ