いま読まれている記事

『NieR』のヨコオタロウ氏や岡部啓一氏が携わる『Voice of Cards できそこないの巫女』発表、2月17日に発売決定。『ドラゴンの島』に続くシリーズ第2弾

article-thumbnail-220204r

 スクウェア・エニックスは、『Voice of Cards できそこないの巫女』を発表し、2月17日(木)に発売することを発表した。

 対象プラットフォームはPS4、Nintendo Switch、PC(Steam)。なおSteam版の発売日は2月18日(金)となる。

 『Voice of Cards』シリーズは、テーブルトークRPGを題材としたカードバトルゲーム。プレイヤーは剣と魔法によるファンタジー世界を舞台を冒険する。前作『Voice of Cards ドラゴンの島』はドラゴンの討伐がテーマとなっていたが、今回は「できそこないの巫女」が新しくテーマとなる。

 公開されたトレーラーでは、滅びゆく島を救うために、運命を変える航海がはじまるという。青年と巫女になれなかった少女ラティが冒険の旅に出るようだ。

『Voice of Cards できそこないの巫女』が発表、2月17日に発売へ_001
(画像はYouTube「『Voice of Cards できそこないの巫女』トレーラー」より)
『Voice of Cards できそこないの巫女』が発表、2月17日に発売へ_002
(画像はYouTube「『Voice of Cards できそこないの巫女』トレーラー」より)
『Voice of Cards できそこないの巫女』が発表、2月17日に発売へ_003
(画像はYouTube「『Voice of Cards できそこないの巫女』トレーラー」より)
『Voice of Cards できそこないの巫女』が発表、2月17日に発売へ_004
(画像はYouTube「『Voice of Cards できそこないの巫女』トレーラー」より)
『Voice of Cards できそこないの巫女』が発表、2月17日に発売へ_005
(画像はYouTube「『Voice of Cards できそこないの巫女』トレーラー」より)

 前作に引き続き、エグゼクティブ・プロデューサーに齊藤陽介氏、クリエイティブ・ディレクターにヨコオタロウ氏、ミュージックディレクターに岡部啓一氏という、『NieR:Automata』に携わったスタッフが本作の開発に参加している。

 またゲームマスターの声優は速水奨さんMark Atherlayさんが務めている。

 今度はどのような物語が展開するのか気になるところ。『Voice of Cards できそこないの巫女』の発売日は2月17日だ。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月29日23時~2024年5月30日00時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ