ウクライナ支援目的、600本以上のゲームをはじめ75万円相当のコンテンツ収録のチャリティバンドルが10ドルから配信開始。itch.ioで購入可能

 ウクライナへの支援を目的とする大型チャリティーバンドル『Bundle for Ukraine』の販売が3月8日(火)、デジタルゲーム配信プラットフォームのitch.ioで開始された。多数のインディータイトルのほかTRPG、書籍、サウンドトラックといった991ものコンテンツが収録され、10ドル(約1154円)以上の支払いを通じて購入および寄付が可能となる。

ウクライナ支援を目的としたチャリティーバンドルがitch.ioで配信開始_001
(画像はitch.io「Bundle for Ukraine by Necrosoft Games and 732 others」より)

 同バンドルは、ゲーム開発スタジオNecrosoft Gamesのディレクターを務めるブランドン・シェフィールド氏の提案で実現したもの。同氏は2月28日(月)に緊張が続くウクライナへの支援をitch.ioのコミュニティページ上で呼びかけ、参加者を募っていた

 結果として、総勢732のクリエイターが本プロジェクトへの協力を表明『Celeste』『Baba Is You』『Minit』をはじめ、『SUPERHOT』『A Short Hike』といったインディー界隈でも人気の高い作品から知名度を問わず数多くのタイトルが並び、うち600を超えるコンテンツが大型バンドルには初めて登場する形となる。

 本来の通常価格は合計すると6500ドル(約75万円)以上にものぼることから、大多数が海外向けのインディー作品である点を考えても極めてお得な機会だと言える。一部のタイトルでは日本語への対応も確認された

 『Bundle for Ukraine』による寄付の行き先は、国際的な医療活動団体である「International Medical Corps」と戦争被害に苦しむウクライナの子どもたちを支援する組織「Voices of Children」の2ヵ所となっていて、それぞれ50%ずつの割合で資金が分配される。

 同バンドルでは10ドルを上回る額の寄付も受け付けており、最大500ドル(約5万7700円)までの支払いが可能だ。なお含まれるタイトルについてはSteam向けのコードは対象となっておらず、itch.ioのページを通じたダウンロードのみとなる点にも留意されたい。

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ