「Internet Explorer」のサポート終了まで3ヵ月を切り、マイクロソフトが再度注意を呼びかけ。6月15日以降は一部のOSを除いて利用が不可に

 Windowsの代表的ウェブブラウザである「Internet Explorer」(以下、IE)が、その役目を終えサポート終了となる2022年6月15日(水)まで3ヵ月を切った

 マイクロソフトは太平洋時間3月16日(水)、同社の公式サイト上にあらためて告知文を掲載。2021年5月の発表から再び終わりの時が近づくなかで、ユーザーに注意を促している。

「Internet Explorer」サポート終了を目前にマイクロソフトが再度注意を促す_001
(画像はMicrosoft Docs「Windows message center」より)
「Internet Explorer」サポート終了を目前にマイクロソフトが再度注意を促す_002
(画像はYouTube「Microsoft Edge | Internet Explorer Retirement Announcement」より)

 1995年に初期バージョンが公開されたIEは、内容のアップデートを繰り返しながら約22年間にわたってWindowsユーザーを支えてきた。一般向けとなる最新版「IE 11」は、現行OSの「Windows 11」においてすでに廃止されており利用ができなくなっている。

 提供の終了は「Windows 10」における主要バージョンを対象としたもの。以降はIEを起動しても後継版の「Microsoft Edge」(以下、Edge)へリダイレクトされる形となる一方、「Windows 10 client LTSC」「Windows 8.1」といった一部のOSでは引き続き利用できるという。

 なおIEにのみ対応したコンテンツを必要とする場合には、Edgeに搭載された「IEモード」と呼ばれる機能を通じて閲覧が可能だ。Edgeにおける同モードは少なくとも2029年までのサポートを予定しているが、OSでのサポートが先に終了する際は同じタイミングで対応を終えるため、早めの移行が推奨されている

 おもに90年代後半から2000年代にかけて、Windowsに必ずインストールされているブラウザとしてユーザーの記憶に残ってきたIE。現役を退く6月15日を迎える前に、今一度その存在を偲び想いを馳せてみてはいかがだろうか。

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ