脳内に「24の人格」を持つ記憶喪失の男が奇怪な事件に挑むRPG『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』が2022年の夏に発売決定

 スパイク・チュンソフトは、オープンワールド推理RPG『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』の日本版を2022年の夏に発売すると発表した。

 対象プラットフォームはPS4、PS5、Nintendo Switch。価格はパッケージ版、ダウンロード版とも未定。

 『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』は、油絵調のグラフィックが特徴のアドベンチャーゲーム要素が色濃いオープンワールドRPG。今回の「ファイナルカット」と銘打たれているものは、ボイスと新しいクエストが追加された決定版となる。

 主人公はアルコール中毒者で、内に24の人格を持つ記憶喪失の男だ。街では奇怪な殺人事件が起きており、主人公が調査することになる。

『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』が2022年の夏に発売へ_001
『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』が2022年の夏に発売へ_002
『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』が2022年の夏に発売へ_003
『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』が2022年の夏に発売へ_004

 テーブルトークRPGをプレイしている感覚のゲームシステムが特徴で、ゲーム内で行動する際、24のスキルがそれぞれゲームマスターのような人格を持っており、それらが脳内討論を繰り返していく。これらの脳内の議論はプレイヤーに物語に洞察をもたらしていくのが特徴だ。

 もととなる2019年に発売された『ディスコ エリジウム』は、「The Game Awards 2019」で「ベストRPG」を含む4部門でのアワードなど、多数の賞を受賞しており、高く評価されている。

 本作はしばしば難解な独特の言い回しのテキストが膨大にあることでも知られており、日本語版の発売自体が懸念されていたが、今回、日本版が発売することがあらためて発表されたことは朗報といえそうだ。

 日本語版『ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット』は、2022年夏に発売予定だ。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ