「『星のカービィ』シリーズの明確な時系列は設定していない」、ハル研究所の総合ディレクター・熊崎信也氏が海外メディアの取材で明かす。過去にとらわれず新たなチャレンジを行うため

 『星のカービィ』シリーズにおいて、作品間の明確な時系列は設定されていないことが3月26日(土)、アメリカの『ワシントン・ポスト』誌の取材で明らかとなった。最新作『星のカービィ ディスカバリー』の発売にあわせた開発チームへのメールインタビューを通じて、ハル研究所で同シリーズの総合ディレクターを務める熊崎信也氏が言及している。

 『ワシントン・ポスト』誌は、『星のカービィ』シリーズの歴史を振り返る質問を投げかけるなかで、『ゼルダの伝説』シリーズのような公式の時系列の有無を尋ねている。この問いに対し熊崎氏は、「明確な時系列は設けていない」と発言。過去の設定にとらわれず新たなチャレンジを行うためだと理由を語った。

『星のカービィ』シリーズの明確な時系列は設定されていない、インタビューで判明_001
(画像は『星のカービィ』公式サイト「シリーズヒストリー」より)
『星のカービィ』シリーズの明確な時系列は設定されていない、インタビューで判明_002
(画像は任天堂公式サイト「ゼルダの伝説ポータル」より)

 一方で円滑なストーリーへの導入を促すべく、過去の設定を活かしているケースもあるという。主人公のカービィがレギュラーキャラのデデデ大王と出会う場面においては、既知の関係性として描くことで自然かつスムーズな進行を実現しているそうだ。

 また『星のカービィ』シリーズのシナリオを執筆する際には、ディテール部分へ特に配慮していると熊崎氏は述べる。実装したい要素が物語の内容と関わるものになる場合、膨大な理由付けを行う必要が生じるためだ。同シリーズではアクションやゲームプレイに重点を置いて制作していることから、これらがより効果的に機能するための設定である必要性を同氏は触れた。

 30周年の節目を迎え、特設サイトの公開関連イベントの開催など話題の絶えない『星のカービィ』は、息の長いシリーズとして幅広いユーザー層に愛されている。35作目となる3Dアクションゲーム『星のカービィ ディスカバリー』は、Nintendo Switch向けにパッケージ版が6578円、ダウンロード版が6500円(各税込)で販売中だ。

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ