『エルデンリング』RTAはついに9分を切る。ワープに次ぐワープでボス戦をもスキップし8分台でクリア、『ダークソウル』シリーズなどと比べてもはるかに早いタイムに

 2月25日(金)に発売されて以後、RTA(リアルタイムアタック)界隈においても大きな存在感を放ち続けている『エルデンリング』。4月10日(日)には、ついに8分台で同作をクリアしたという報告があがった。

 なお、以下の動画と記事内容には『エルデンリング』に関するネタバレ要素が多くふくまれる。ご覧の際には、十分に注意していただきたい。

 今回、世界初となる8分台でのクリアを達成したのは「Distortion2」氏。かねてから『ダークソウル』シリーズや『デモンズソウル』『ブラッドボーン』などのタイトルのRTAで活躍してきたプレイヤーだ。

 『エルデンリング』への挑戦にも精力的に取り組み、3月13日(日)の時点で30分切り、3月28日(月)には20分切りの記録を打ち立てるなど、スピードランナーたちの中でもトップ層に位置するひとりである。

 挑戦は、戦技「霜踏み」などの弱体化が行われたバージョンにて行われた。ゲームの進度を問わずクリアを目指す「Any%」の中でも、「ZIPグリッチ」が使用可能な「Any% Unrestricted」カテゴリに分類されるものである。

 ZIPグリッチの真価は、なんと動画開始から1分ほどで発揮されている。ゲーム開始から20秒程度で「ストームヴィル城」の深部へワープし、そのまま次のエリアへと進んでしまうのだ。

『エルデンリング』グリッチによるワープを行っている画像1
(画像はYouTube「Elden Ring Any% Speedrun in 8:56」より)

 特定の地点でガードからわずかに歩行するといった動作で発動するらしいこちらのグリッチは、その後も数多くのシチュエーションで使用されている。細かな操作が要求されるためかすんなりとはいかないものの、一部ではボス戦のカットにも用いられた。

 結果として、ゲーム内時間で8分56秒(実時間のタイマー上では8分57秒15)という記録でクリアを達成。ほぼ戦闘らしい戦闘を行わないため、クリアレベルは選択した素性「放浪騎士」の初期レベルである9のままとなっている。

『エルデンリング』8分台のクリアタイムを記録した画像
(画像はYouTube「Elden Ring Any% Speedrun in 8:56」より)

 記録集積サイトspeedrun.comによれば『ダークソウル2』が14分ほど、『ブラッドボーン』が18分ほどとなっており、ほかの『ダークソウル』シリーズ作品や『デモンズソウル』『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』と比較してもこれほど短いクリアタイムは見られない。

 驚異的なグリッチの発見により、大いに発展を遂げた『エルデンリング』のRTA。上述したように一部ではグリッチの運用に苦戦する場面も見られたので、まだまだクリアタイムの向上にも期待できそうだ。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ