『エルデンリング』で毎秒「1万1640ダメージ」を叩き出す「犬」が最新アップデートで弱体化されたとの報告。プレイヤーを一撃で葬り去る殺人的な「出血犬」がついに修正

 フロムソフトウェアのアクションRPG『エルデンリング』で、一部のプレイヤーから驚異的なダメージを与えると報告されていた「」が、4月19日配信された「1.04」のアップデートで修正されたと指摘されている。

 YouTuberのZullie the Witch氏が報告をしている。

 問題となっているのは、『エルデンリング』のモーグウィン王朝などに登場する、出血攻撃を仕掛けてくる犬だ。プレイヤーからはしばしば「出血犬」とも呼ばれ、いわゆるフィールドに群れをなす雑魚敵のはずだが、プレイヤーを一撃に葬る異様な攻撃力の高さから「バグではないか?」と指摘されてきた。

 何人かのユーザーからは、高いHPや大盾を構えたプレイヤーがすぐに倒されるという、しばしばシュールな動画が投稿されていた。

62 Vigor, 2k HP, got one shot by a single dog :/ (lost 200k runes) from Eldenring

『エルデンリング』の出血犬が1.04アップデートで修正
_001
(画像はreddit「62 Vigor, 2k HP, got one shot by a single dog :/ (lost 200k runes) : Eldenring」より)

 そのダメージや仕様を検証したYouTuberのZullie the Witch氏によると、これは当たり判定が複数回起こっているバグであり、そのダメージ量は毎秒「1万1640ダメージ」に及ぶという。またこのバグは、小さい犬のサイズにのみ起こり得るという。

『エルデンリング』の出血犬が1.04アップデートで修正
_002
(画像はYouTube「Elden Ring – An important update」より)
『エルデンリング』の出血犬が1.04アップデートで修正
_003
(画像はYouTube「Elden Ring – An important update」より)

 今回、同じくZullie the Witch氏がアップデート「1.04」を適用後に、同犬を検証してみたところ、ダメージが修正されていたそうだ。

 なおZullie the Witch氏は同じ動画で「50回叩くと消える偽の壁」についても修正されていると報告しており、アップデート後には壁が消えなくなっている。どうやらこれは隠し扉ではなかったのかもしれない。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ