PS5でVRR(可変リフレッシュレート)対応に向けたアップデートが配信決定。ちらつきやコマ落ちが減り一層スムーズなゲームプレイを実現、発売済みのタイトルにも順次適用

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、SIE)は4月26日(火)、PS5におけるVRR(可変リフレッシュレート)対応を4月第5週より順次開始すると発表した。あわせてVRRに対応するゲームパッチを配信予定のPS5タイトルも公開されている。

PS5でVRR(可変リフレッシュレート)対応に向けたアップデートが配信へ_001
(画像はPS Blog「PS5™は今週からVRR(可変リフレッシュレート)に対応!」より)

 VRRは、HDMI 2.1に対応しているモニター機器において、ディスプレイのリフレッシュレートをPS5本体のグラフィック出力に合わせてリアルタイムで同期する機能。コマ落ちやちらつきを低減もしくは完全に排除でき、ビジュアルパフォーマンスを向上させることが可能な技術となっている。

 また画面の瞬時のレンダリング、グラフィックの鮮明化や入力遅延の減少などから、多くのPS5タイトルにおいてゲームプレイがよりスムーズに感じられるようになるという【※】

※利用機器やタイトル、ビジュアルモードの設定によって体感の効果は異なる。

 すでに発売済みのタイトルは今後のゲームパッチでVRRに対応し、これから発売されるタイトルについてはリリース当初からVRRに対応する形となるとのことだ。

 ゲームパッチを通じてVRRに対応予定のタイトルは以下のとおり。今回発表されたのは対応タイトルの一部となる。詳細については各作品のSNSや公式サイトで追って続報が伝えられる。

『ASTRO’s PLAYROOM』
『コール オブ デューティ ヴァンガード』
『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』
『Destiny 2』
『デビル メイ クライ 5 スペシャルエディション』
『DIRT 5』
『Godfall』
『Marvel’s Spider-Man Remastered』
『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』
『ラチェット&クランク パラレル・トラブル』
『バイオハザード ヴィレッジ』
『ワンダーランズ ~タイニー・ティナと魔法の世界』
『レインボーシックス シージ』
『Tribes of Midgard』

PS5でVRR(可変リフレッシュレート)対応に向けたアップデートが配信へ_002
(画像はPS Blog「PS5™は今週からVRR(可変リフレッシュレート)に対応!」より)
PS5でVRR(可変リフレッシュレート)対応に向けたアップデートが配信へ_003
(画像はPS Blog「PS5™は今週からVRR(可変リフレッシュレート)に対応!」より)

 VRR対応は今後、全世界を対象に数日をかけて行われる。アップデートを利用するためにはインターネットへの接続が必要。アップデート完了後はPS5がHDMI 2.1のVRR対応テレビやPCモニターに接続されている場合において、対応タイトルのVRRが自動的に有効となる。VRRの適用は本体設定の「スクリーンとビデオ」から切り替え可能だ。

 さらに追加オプションとして、VRR非対応のタイトルにも設定を有効化できるようになる。これにより、一部の作品では映像品質が向上する場合があるとのこと。VRR設定については公式サポートページにも詳細が記載されているので、あわせて確認されたい。

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年2月2日19時~2023年2月2日20時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ