『エーペックス レジェンズ』シールドを使う新レジェンド「ニューキャッスル」が登場する新シーズンは5月11日開幕。大勢のレジェンドが協力し巨大なモンスターと戦う様子も

 エレクトロニック・アーツとRespawn Entertainmentは『エーペックス レジェンズ』の次期大型アップデート「救世主」5月11日(水)にリリースすると発表した。

 こちらの新シーズンでは新たなレジェンドとして「ニューキャッスル」が登場。チームを守るためにシールドを用いて戦場へ飛びこむ、英雄的なディフェンダーとして紹介されている。

 ローンチトレーラーでもシールドを展開して味方を守ったり盾を構えながら負傷した味方を運んだりと、ディフェンダーらしい活躍ぶりが大いに描かれている。また、映像の最後にはレジェンド「バンガロール」兄「ジャクソン」であることも判明した。

『Apex Legends』新シーズンは5月11日開幕。新レジェンドは「ニューキャッスル」1
(画像はYouTube「エーペックスレジェンズ: 救世主ローンチトレーラー」より)

 そのほか、映像の中では海から現れた巨大なモンスターに、大勢のレジェンドが協力して立ち向かうシーンも見られる。公式サイトによれば「死してなお危険な怪物の死骸を探索しよう」とのことなので、マッチ中に訪れる機会もありそうだ。

 くわえて、ランクシステムが刷新されることも明らかにされている。チームワークとスキルがより評価されるようになり、仲間との連携がランクに影響を与えるという。

『Apex Legends』新シーズンは5月11日開幕。新レジェンドは「ニューキャッスル」2
(画像はYouTube「エーペックスレジェンズ: 救世主ローンチトレーラー」より)

 『エーペックス レジェンズ』はNintendo Switch、PS4、PS5、Xbox One、Xbox Series X|S、PC(Steam、Origin)向けに現在配信中。新シーズン「救世主」は5月11日(水)より開幕となり、これに向けてさらなる情報も公開されていくとのことなので、今後の続報にも注目していきたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ