実際に呪文を唱えたりモーションキャプチャーでキャラの動作を演じるTRPG、VR向けゲーム『Xpraize』の配信がSteamでスタート

 株式会社RedefineArtsは、TRPGをVR上で遊べるようにしたゲーム『Xpraize』(エックスプライゼ)を、開発中のゲームを配信する早期アクセスを通じて5月31日(火)にリリースした。

Steam向けVRゲーム『Xpraize』配信開始。TRPGをVR上で楽しめる1

 本作は最大5人での同時プレイが可能なVRゲーム。従来のTRPGではフィギュアやマップの補助を得たり、想像力を働かせることでゲームを楽しむが、本作においてはVRデバイスを活用しデジタルの仮想空間でシナリオを体験することができる。

 プレイヤーの動きはモーションキャプチャー機能を使い、操るキャラクターのアバターに反映される。さらに音声認識によって実際に呪文を唱えることで魔法が発動するなど、バーチャル上で思うがままにキャラクターを演じることが可能。さまざまなシナリオをベースに俳優のような楽しさを得られるようになるという。

Steam向けVRゲーム『Xpraize』配信開始。TRPGをVR上で楽しめる2

 プレイヤー版とは別に、無料で入手できる『Xpraize Beta for GameMaster』と呼ばれるゲームマスター版が存在する。こちらはVR機器を使わずPCから進行をコントロールし、シナリオに沿ってステージの切り替えやNPCキャラクターの操作、各種イベントアクションなどを行っていく。

 ゲームマスター版では冒険の過程を多数のカメラを通じて撮影し、手軽にリプレイ動画を作ることもできる。プレイヤーたちの目を引くような演技やセリフを記録に収め、視聴者も楽しめるコンテンツを作り上げよう。

Steam向けVRゲーム『Xpraize』配信開始。TRPGをVR上で楽しめる3

 すでに「Dragon Descendants」という、プレイヤー4人、ゲームマスターひとりで遊べる入門用ファンタジーシナリオが配信されている。発売後も追加ダウンロードコンテンツとして、定期的に新たなシナリオが提供される予定だ。

 『Xpraize』はPC(Steam)向けに、現在早期アクセス版を配信中。価格はプレイヤー版で1520円(税込)となる。本作の詳細については、以下のリリースや公式サイトも参照されたい。

プレスリリースの全文は以下のとおり。


VRとTRPGを融合させた革新的ゲーム「Xpraize Beta」発売

株式会社RedefineArts (本社:京都府京都市、代表取締役:榊原正啓) はロールプレイングゲームの原点であるTRPG(外国ではTabletop RPG)という会話を主体として物語を進行させるテーブルゲームを本格的にVRで遊べるようにした作品「Xpraize(エックスプライゼ)」のベータ版をSteam®にて2022年5月31日よりリリースいたしました。正式版を7月1日にリリース予定です。

Steam®:
https://store.steampowered.com/app/1929770/Xpraize_Beta/
https://store.steampowered.com/app/1914950/Xpraize_Beta_for_GameMaster/

【製品概要】

Steam向けVRゲーム『Xpraize』配信開始。TRPGをVR上で楽しめる1
Steam向けVRゲーム『Xpraize』配信開始。TRPGをVR上で楽しめる2
Steam向けVRゲーム『Xpraize』配信開始。TRPGをVR上で楽しめる4
Steam向けVRゲーム『Xpraize』配信開始。TRPGをVR上で楽しめる5

Xpraizeは、会話をしながら想像力を駆使して自由に遊ぶというTRPGの概念を取り入れた最大5人で楽しめるVRゲームです。
本作やTRPGが従来のゲームと異なる点は、プレイヤーとは別にゲームマスターというゲームの司会者であり、審判者でもある存在がいることです。
ゲームマスターはシナリオを準備して、プレイヤーたちの置かれている状況をプレイヤーに説明したり、NPCと呼ばれるキャラクターを操ることでゲームのホストとしてプレイヤーたちを楽しませます。
従来のTRPGではプレイヤーはフィギュアやマップの補助を得て、想像の中でゲームを楽しみますが、これをVRと融合させたことでゲームの舞台はデジタルの仮想空間へと移り、またプレイヤーのリアルな動きはVRデバイスのモーションキャプチャー機能を使ってプレイヤーの操るアバターに反映されることになります。

Steam向けVRゲーム『Xpraize』配信開始。TRPGをVR上で楽しめる3

いわば肉体を得たプレイヤーは仮想空間で想像上の人物を演じることができるようになり、俳優のような楽しさを得ることができるようになります。
またXpraizeの新機能により、冒険の過程を多数のカメラアングルを通じて撮影し簡易に映画的リプレイ動画を作ることができるようになりました。
同じ歌を歌っても歌う人によって印象が変わるように、同じシナリオであってもプレイする人の発するセリフや演技、また撮影するゲームマスターのカメラアングルの違いにより多彩なリプレイ動画が生み出されます。
それを動画投稿サイトに投稿すれば、プレイヤー以外の視聴者にとっても楽しめるコンテンツとなることでしょう。
弊社ではこれを、FPSゲームなどに代表されるe-sportsに着想を得て、『e-act』と名付けました。

【特徴】

・プレイヤー自身が実際に呪文を唱えると音声認識をして魔法が発動する機能

  • ・プレイヤーの演技をゲームマスターがたくさんのカメラを切り替えながら撮影可能。 (プレイヤーはVRで参加しますが、ゲームマスターはパソコンを使ってゲームをプレイします

  • メインキャラクターを操作するプレイヤー(VR)と、ホストとなってゲームの進行を操作するゲームマスター(PC)がいるため、販売予定の製品は二つに分かれています。ゲームマスター用は無料です。

販売プラットフォームとしてはValve社のSteam®になります。

『Xpraize Beta』公式ホームページ

URL:https://xpraize.com

Steam®ページ

『Xpraize Beta』プレイヤー用:税込1520円(ベータ版) (正式版は税込3000円の予定)
URL:https://store.steampowered.com/app/1929770/Xpraize_Beta/

『Xpraize Beta for GameMaster』ゲームマスター用:無料
URL:https://store.steampowered.com/app/1914950/Xpraize_Beta_for_GameMaster/

【今後】
VRのプレイヤーが一人でも遊べるような一人用モードを追加するなど、ベータ版のフィードバックを元に機能の改善を行ない、正式版のリリースを行ないます。
また、別シナリオを現在開発中で追加ダウンロードコンテンツとして配信予定です。

【会社概要】
会社名: 株式会社RedefineArts

代表者: 榊原正啓
設立: 2020年9月
URL:https://www.redefine-arts.com
事業内容: VRを使用したゲーム・ソフトウェアの開発を行っております。VR、ゲーム、映像制作、演技を掛け合わせた概念『e-act』を提唱しています。

【お問い合わせ先】
株式会社RedefineArts
TEL:075-744-0216
e-mail:info@redefine-arts.com

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ