銃の修理やカスタマイズを行うシミュレーターゲーム『Gunsmith Simulator』のプレイテストが6月8日開始。パーツの手作りや塗装から、射撃場での試射までをも楽しめる

 販売元のPlayWayは『Gunsmith Simulator』(邦題:鉄砲鍛冶シュミレーター)のプレイテストを6月8日(水)にスタートすると発表した。

 本作は、その名の通り「ガンスミス」となって銃の修理や復元にあたるシミュレーションゲームだ。プレイヤーはひとりの職人としてゲーム内の「GunStock」から仕事を受注し、旋盤などの設備を使って課題に取りかかっていく。ゲームを進めることで新しいスキルを習得したり、工房をアップグレードしていくこともできるという。

 仕事に取り掛かる際にはまず、どこを修理してどこを交換してしまうのかを決めなくてはならない。今回公開された映像からは、さまざまな機材を活用して細かなパーツをひとつずつ作り上げていく様子が見て取れる。危険のともなう作業には手袋やフェイスシールドも装着しており、リアルな体験を楽しめることがうかがえる。

Steam向けシミュレーターゲーム『Gunsmith Simulator』6月8日にプレイテスト開始1
(画像はSteam『Gunsmith Simulator』販売ページより)

 ミッションは修理ばかりではなく、古びてしまった銃の復元を手がける場合もある。部品に付着したサビを丁寧な手作業や化学処理によって取り除き、金属表面の保護層を復元。そこまでの工程を終えれば塗装を行うことができるようになる。公開されているスクリーンショットを見る限りではパーツごとに色を付けていくことはもちろん、迷彩塗装を施すことも可能なようだ。

 スコープを取り付けたり、グリップを交換したり、グレネードランチャーやレーザーサイトのようなアタッチメントを取り付けたりと、ガンスミスらしいカスタマイズ要素も満載。作り上げた銃は射撃場での試射も可能で、シンプルな的撃ちだけでなくクレー射撃のようなアクティビティも楽しめる

Steam向けシミュレーターゲーム『Gunsmith Simulator』6月8日にプレイテスト開始2
(画像はSteam『Gunsmith Simulator』販売ページより)

 『Gunsmith Simulator』はPC(Steam)向けの配信を予定しており、6月8日(水)にプレイテストをスタートする。こちらへの参加を希望する方は、Steamのストアページからアクセスをリクエストしておこう。くわえて、デモ版も6月13日(月)より配信開始となる予定である。本作の詳細については、Steamのストアページなども参照されたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ