2022年に発売を予定していた犬と戦車のRPG『メタルマックス ワイルドウエスト』の開発中止が正式に発表。「現在の開発状況などを勘案」しての決定

 角川ゲームスは6月9日(木)、2022年の発売を予定していたNintendo Switch、PS4向けRPG『メタルマックス ワイルドウエスト』開発中止を正式に発表した。理由については「現在の開発状況等を勘案」してのものとしている。

犬と戦車のRPG『メタルマックス ワイルドウエスト』開発中止が正式に発表_001
(画像はYouTube「メタルマックス30周年 生誕祭 生放送」より)

 『メタルマックス ワイルドウエスト』は、スピンオフ作品『メタルドッグス』を手がけた24Frameと角川ゲームスが2020年9月に発売された『メタルマックスゼノ リボーン』の続編として開発を進めていた作品である。本作はもともと、前作から5年後の世界を舞台に世界設定や登場人物を一新し、街を復興させていくシミュレーション要素を盛り込んだ作品『メタルマックスゼノ リボーン2(仮)』として制作されていた。

 しかし、2021年5月に配信されたシリーズ30周年の記念番組によると、『メタルマックスゼノ リボーン』の発売後にプレイヤーから寄せられた意見を受けて企画の仕切り直しを決定。同年3月にタイトルを『メタルマックス ワイルドウエスト』へ変更し、改めて制作していく方針が示されていた。

犬と戦車のRPG『メタルマックス ワイルドウエスト』開発中止が正式に発表_002
(画像はYouTube「メタルマックス30周年 生誕祭 生放送」より)
犬と戦車のRPG『メタルマックス ワイルドウエスト』開発中止が正式に発表_003
(画像はThe New Generation of METAL MAX SERIES|新世代メタルマックスシリーズ ポータルサイトより)

 なお、『メタルマックス ワイルドウエスト』や『メタルドッグス』を含む「新世代メタルマックス」シリーズでは、構想中の作品『CODE -0- コードゼロ(仮称)』も発表されている。続報は明らかとなっていないため、引き続き動向を見守りたい。

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。 コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ