最大8人で遊べる『指輪物語』のサバイバルクラフトゲーム『The Lord of the Rings: Return to Moria』発表。自分だけの個性的なドワーフを作成し、自動生成されるダンジョンを探検

 Epic Gamesは6月10日(金)、『The Lord of the Rings: Return to Moria』を発表した。

 本作はJ・R・R・トールキン氏原作の『指輪物語』の世界を舞台としたサバイバルクラフトゲーム。ドワーフたちが「霜ふり山脈」のふもとにある伝説の故郷「モリア」を取り戻すための冒険を描く作品になるという。

 プレイヤーは「ギムリ」によって霜ふり山脈に召喚され、数々の宝を取り戻すため、ドワーフの一団を操作してモリア鉱山の奥深くへと足を踏み入れる。ドワーフたちが挑むダンジョンは自動生成されるため、挑戦のたびに異なる体験が楽しめるようだ。

 プレイヤーはカスタムキャラクタークリエイターを用いて、それぞれ自分だけの個性的なドワーフを作り上げることができる。装備を集めて自分なりのスタイルを表現し、最大8人でのオンラインマルチプレイ時に独創性を発揮しよう。

『指輪物語』のゲーム『The Lord of the Rings: Return to Moria』発表1
(画像はEpic Games Store『The Lord of the Rings: Return to Moria』販売ページより)

 ゲーム中には、狩猟して食料を確保したり、睡眠や気温、騒音のレベルを管理するといったサバイバル要素が充実。新たなロケーションを開拓し、ゼロから基地を建設することも可能だ。

 古代の鍛冶場を再建すれば装備の強化や修理、エンチャントが行えるようになる。伝説的なドワーフの鎧や武器を作り上げ、巨大なオークとの戦いを生き延びよう。このほかにもオークが近づくと光る剣力と知恵を与えるお守りなど、さまざまな古代の魔法アイテムが発見できるという。

 もちろんクラフトには鉄や金、石英といった素材となるものが欠かせない。しかし採掘の音は洞窟の中に大きく響き、時には闇に潜むものを呼び起してしまうリスクも抱えている。あくまで慎重に鉱山を建設していく必要がありそうだ。

『指輪物語』のゲーム『The Lord of the Rings: Return to Moria』発表2
(画像はEpic Games Store『The Lord of the Rings: Return to Moria』販売ページより)

 『The Lord of the Rings: Return to Moria』はPC(Epic Games Store)向けに2023年の発売を予定している。すでにEpic Games Storeのストアページは公開されているので、興味を持たれた方はウィッシュリストに登録しておこう。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ