「題名のない音楽会」が「マジンガーZ」「ゴレンジャー」など作曲の渡辺宙明氏の追悼特集を7月16日に放送決定へ

テレビ朝日は、同社が製作する音楽番組「題名のない音楽会」において、7月16日(土)に故・渡辺宙明(わたなべ ちゅうめい)氏の追悼特集を放送することを発表した。

 渡辺宙明氏は「マジンガーZ」や「秘密戦隊ゴレンジャー」をはじめ、数多くの作品で劇伴やアニメソングを作曲してきたアニメ・特撮界の巨匠。
 ファンの間で「宙明サウンド」と呼ばれ親しまれるメロディや、「バンバラバンバンバン」や「ワァーオ!」といった独特の擬音を使うことが特徴で、最近では「機界戦隊ゼンカイジャー」の挿入歌・劇伴の作曲にも参加。6月23日に96歳でこの世を去るまで、生涯現役だった。

「題名のない音楽会」が渡辺宙明氏の追悼特集を7月16日に放送決定へ_001
(画像はスリーシェルズ 日本の作曲家専門CDレーベルより)
「題名のない音楽会」が渡辺宙明氏の追悼特集を7月16日に放送決定へ_002
(画像は東映公式サイトより)
「題名のない音楽会」が渡辺宙明氏の追悼特集を7月16日に放送決定へ_003
(画像は東映公式サイトより)
「題名のない音楽会」が渡辺宙明氏の追悼特集を7月16日に放送決定へ_004
(画像は東映公式サイトより)

 今回の放送では、以前に渡辺宙明氏が息子である作曲家の渡辺俊幸氏と出演した回を中心に再構成するとともに、あらためて俊幸氏をスタジオ収録に呼び、思い出の話など伺うとのこと。

「題名のない音楽会 アニメ・特撮音楽を築いた巨匠 渡辺宙明の音楽会」の放送日は7月16日(土)。
 これまでは知らず知らずのうちに氏の楽曲を聞いていたという方も、この機会にあらためて氏の手掛けた「宙明サウンド」に触れてみてはいかがだろうか。

ライター
85年生まれ。『勇者のくせになまいきだ。』シリーズの代表的プレイヤーとして名を馳せたツルハシの化身。 10代の頃、メックシューターゲーム『ファントムクラッシュ』とその続編『S.L.A.I.』の世界にハマり、 ディスプレイ越しに見た2071年に帰るべく日々を生きる。TCGとボードゲームも好物。
Twitter:@Dump29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ