極寒の鉱山村で「霧」を調査する探偵アドベンチャーゲーム『Kona II: Brume』発表。2023年に発売へ、1970年代カナダを舞台とした『Kona』の続編で日本語に対応

 Koch MediaのレーベルRavenscourtは、探偵アドベンチャーゲーム『Kona II: Brume』を発表し、2023年に発売すると発表した。

 対象プラットフォームはPS4、PS5、Xbox One、Xbox Series X|S、Nintendo Switch、PC(Steam)。日本語に対応している。

 『Kona II: Brume』は、サバイバル要素が特徴的な探偵アドベンチャーゲーム『Kona』の続編だ。

 舞台は1970年代のカナダ北部にある架空の土地「マナスタン」。ここは不思議な霧「ブルーム」が、田舎の閑静な鉱山村に喧騒を巻き起こしている。この霧は、いったいどこからやって来ているのか。主人公である探偵カール・フォーベルは事件の捜査を開始した。

 公開されたアナウンストレーラーでは、給水塔の上に死体と思われる確認できるほか、プロペラのような飛散している様子が伺える。

『Kona II: Brume』が発表。2023年に発売へ_001
『Kona II: Brume』が発表。2023年に発売へ_002
『Kona II: Brume』が発表。2023年に発売へ_003
『Kona II: Brume』が発表。2023年に発売へ_004
『Kona II: Brume』が発表。2023年に発売へ_005

 前作『Kona』では体温や精神を維持するサバイバル要素があったが、本作でもそれは健在のようだ。

 探索中は、木造小屋に残された手がかりを探したり、愛用の犬ぞりで近隣地域を訪れたり、周囲の湖を航行したりすることができる。手紙や文書などで調査を進行する一方で、前作同様に第三者視点のナレーターが語られるのが特徴となっている。

 前作『Kona』は日本語に対応していなかったが、本作では日本語に対応するようで、こうしたアドベンチャーゲームのファンには嬉しい発表といえそうだ。

 探偵アドベンチャーゲーム『Kona II: Brume』は、2023年に発売予定だ。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ