『エルシャダイ』がAmazonのクラウドゲームサービス「Luna」に登場するも日本では利用不可。ディレクター・竹安佐和記氏も「モヤッとしたスタート」とコメント

 株式会社crimは『El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON』(以下、エルシャダイ)をAmazonの運営するクラウドゲームサービス「Amazon Luna」(以下、Luna)向けに配信開始した。こちらは記事執筆時点では「Luna」がアメリカ向けのサービスとなっていることから、日本国内向けには配信されていない

 『エルシャダイ』は2011年にPS3、Xbox 360向けに発売されたアクションゲーム。ステージごとに様相を変える独特のビジュアルや、ボタンの入力方法で動作が変化する奥深い操作系統が特徴の作品だ。

 そして同時に、ゲーム中の一部のセリフがインターネットミームとして広く拡散された作品でもある。特に「ルシフェル」と「イーノック」の間で交わされる「そんな装備で大丈夫か?」「大丈夫だ、問題ない」のやり取りは非常に有名であり、2010年度の「ネット流行語大賞2010」では年間大賞を受賞するなど高い知名度を誇る。

『エルシャダイ』がAmazon Lunaに登場するも日本では利用不可1
(画像はSteam『El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON HD Remaster』販売ページより)

 本作のディレクターを務めた竹安佐和記氏は、オリジナル版の販売元であるイグニッションから個人としてIP権利を取得。そして同氏の個人会社crimから、PC(Steam)向けに完全移植版が発売されたのが2021年9月のことだ。10年越しの『エルシャダイ』復活はインターネット上で大きな話題となり、Steamの売上ランキングの上位にも君臨した。

 また、crimの公式サイトでは『エルシャダイ』に関する動画や画像のフリー素材も配布中だ。こちらは商用利用も可能となっており、エンジニア向けの転職サービス「Findy」やゲームオンが運営するオンラインRPG『アーキエイジ』のプロモーションなどに登場。なんと2021年9月には神奈川県警察本部が交通安全運動の呼びかけに本素材を採用していた。

 今回配信がスタートしたのはAmazonの運営するクラウドゲームサービス「Luna」に向けたもの。しかし、記事執筆時点では「Luna」自体がアメリカのみに向けたサービスにとどまっており、日本在住のアカウントからでは利用することができないようだ。

 こちらのLuna版については4月18日(月)に告知されたNintendo Switch版と同程度の労力をかけ、半年ほどにわたって開発を進めてきたという。にもかかわらず日本でのサービスが始まっていないことには、ディレクターの竹安佐和記氏自身も「モヤッとしたスタート」とコメントしている。

 さいわい『エルシャダイ』については上述した通りPC(Steam)版がすでに配信されているため、現状で日本から本作を遊びたいという方はこちらを購入するのが良いだろう。もちろんAmazon Lunaの日本展開や、4月に予告されたNintendo Switch版の発売も楽しみに待ちたいところである。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ