“特撮愛”あふれる怪獣・乱闘アクション『GIGABASH』が発売開始。『パワーストーン』や往年の「特撮ドラマ」などからインスパイア

 Passion Republic Gamesは、怪獣・乱闘アクション『GIGABASH』を発売開始したと発表した。

 対象プラットフォームはPS4、PS5、PC(Steam、Epic Games Store)。日本語に対応している。

 『GIGABASH』は往年の特撮映画・ドラマに加えて、ゲーム『パワーストーン』、『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』、『怪獣大激戦 War of the Monsters』といったドタバタアクションを組み合わせた怪獣・乱闘アクション。

 10体の個性豊かな怪獣/ヒーローたちから好きなキャラクターを選び、デスマッチやときにはペアを組んで2対2の戦いに挑む。オンラインでは「みんなで対戦」、「チームで対戦」、「デュエル対戦」が可能となっており、それぞれ好きなモードで最大4人の対戦が楽しめる。

怪獣・乱闘アクション『GIGABASH』が発売へ_001
(画像はSteamより)
怪獣・乱闘アクション『GIGABASH』が発売へ_002
(画像はSteamより)
怪獣・乱闘アクション『GIGABASH』が発売へ_003
(画像はSteamより)
怪獣・乱闘アクション『GIGABASH』が発売へ_004
(画像はSteamより)

 PS4とPS5のクロスプレイには対応しているが、PSとPCのクロスプレイには対応していない。またSteamとEpic Games Storeではマッチメイキングにおけるユーザープールのシェアはしているが、フレンド招待を通じてのクロスプレイには対応していない。

 このほか怪獣たちの起源やキャラクターの背景が明かされるシングルプレイモードがあるほか、ローカルモードのみのパーティモードとして「どんちゃん対戦」が可能となっている。

 戦う場所は人口が集中した大都会、活火山近くのビーチリゾート、工業都市などのさまざまなロケーションが登場する。ステージごとにマップならではのユニークなギミックが楽しめるという。

 開発をしているのは、マレーシアに拠点を置くパッション・リパブリックゲームズ。往年の特撮映画・ドラマにインスパイアされただけあって、怪獣やヒーローたちのデザインが特撮愛あふれるものとなっている。

 怪獣・乱闘アクション『GIGABASH』はPCとプレイステーション向けに発売開始だ。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ