世界最大のバーチャルイベント『Vket』に広瀬香美が登場!さらに誰でも一緒に『ゲッダン』が踊れるブースも。踊って回って暴れまくれ!

 8月13日(土)から28日(日)にかけて『VRChat』と『VKETCLOUD』にて世界最大のバーチャルイベント『バーチャルマーケット2022 Summer』が開催される。

 バーチャルマーケット(Vket)は、VR空間上で3Dアバターや3Dモデルなどを自由に試着、鑑賞、購入できるバーチャルイベントである。2018年8月の第1回開催以降、年2回行われており、回数を重ねるごとに盛り上がりを見せている。

Vketに広瀬香美が登場_001
(画像はVket公式サイトより)

 そんな中、とある1つの企業ブースに注目が集まっている。それはビクターエンタテインメント所属の「ピンク・レディー」と「広瀬香美」さんのモーションブースだ。中でも広瀬香美さんが出演しているブースが今話題になっている。

 広瀬香美さんは動画クリエイターLein.@キノピオPro氏が制作した、ロマンスの神様のフェイスダンスで話題にとなり、それをキッカケでVRデビューし話題となった。それから数日後に広瀬香美さんVketの出演が決定し、このブースが誕生した

Vketに広瀬香美が登場_002

 ブースではピンク・レディーと広瀬香美さんのステージを切り替えられるようになっており、広瀬香美さんのステージを選択すると、ステージの真ん中にガラスのピアノが出現する。

Vketに広瀬香美が登場_003

 この状態でとなりにあるボタンを押すと、なんと‘‘ゲッダン‘の名称で親しまれているお馴染みの‘モーションを踊ることができる。ゲッダンは広瀬香美が1997年にリリースした「promise(プロミス)」のワンフレーズである”get down”が‘インターネットミーム化したMADだ。

 そのなかでもラマーズP氏が作成した手描きMADが流行り、その動画で使用されている動き(モーション)と同じものが、本ブースにて誰でも再現できるようになっている。

 さらに隣にあるピアノでは全身金色に包まれた広瀬香美アバターがピアノを弾いている。このアバターは、急遽イベントの出演が決まったため本来作成するはずだったアバターが間に合わず、ひゅうがなつ氏が制作した「まりえる」というアバターをベースに自身で改変したものだ。

Vketに広瀬香美が登場_004

 さらにこのゲッダンのモーションは、Vket公式ストアにて期間限定で無料配布中だ。自分のアバターに埋め込めばいつでもどこでもゲッダンを踊ることができる。配布は28日(日)までなので興味がある人は要チェックだ。

 現在このブースはVket内の「パラリアルニューヨーク」にて展示されており、モーションは最大2人まで一緒に踊ることが可能だ。友達と一緒に懐かしのダンスを踊ってみてはいかがだろうか。

ライター
マヌルネコを愛してやまない雑多ゲーマー。好きなゲームは「DEEMO」「A Hat in Time」「OneShot」「The House in Fata Morgana」「VRChat」
Twitter:@cookieP_sabu
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ