『デッドスペース』開発スタッフによる新作ホラーゲーム『The Callisto Protocol』強烈なグロテスク描写や戦闘アクションが確認できる最新映像が公開

 Striking Distance Studiosは、ホラーアクションゲーム『The Callisto Protocol』の最新映像を発表した。

 発売日は12月2日(金)。日本での展開も予定している。対象プラットフォームはPS4、PS5、Xbox One、Xbox Series X|S、PC(Steam、Epic Games Store)。

 本作は『デッドスペース』のクリエイターが手がける三人称視点の新作サバイバルホラーゲーム。

 舞台は300年後の未来、木星の衛星「カリスト」だ。ここは凶悪犯罪者を収容する「ブラック・アイアン刑務所」が存在しているが、ある日突然、施設内の囚人たちがクリーチャーへと変貌して混乱に陥る。収監された貨物船のパイロットであるジェイコブ・リーは、生き延びるためにはカリストに潜む謎を解き明かし、ここから脱出しなければならない。

 本作は「ホラーエンジニアリング」と呼ばれる独自のデザインプロセスを経て、残虐性、雰囲気、緊張感、人間性、絶望感などの要素を融合させて、新たな恐怖描くという。

『デッドスペース』開発スタッフによる新作ホラーゲーム『The Callisto Protocol』強烈なグロテスク描写や戦闘アクションが確認できる最新映像が公開_001
(画像はYouTubeより)
『デッドスペース』開発スタッフによる新作ホラーゲーム『The Callisto Protocol』強烈なグロテスク描写や戦闘アクションが確認できる最新映像が公開_002
(画像はYouTubeより)
『デッドスペース』開発スタッフによる新作ホラーゲーム『The Callisto Protocol』強烈なグロテスク描写や戦闘アクションが確認できる最新映像が公開_003
(画像はYouTubeより)
『デッドスペース』開発スタッフによる新作ホラーゲーム『The Callisto Protocol』強烈なグロテスク描写や戦闘アクションが確認できる最新映像が公開_004
(画像はYouTubeより)

 今回、公開された最新ゲーム映像は、最新ハードウェアでキャプチャーされたもの。

 主人公のジェイコブ・リーが、迫りくるクリーチャーをサイコキネシスのような超能力を駆使して戦う内容となっている。クリーチャーたちは通常の肉弾戦や銃撃戦ではなかなか倒せないが、マップ上のギミックを使えば容易に倒すことが伺える。

 映像の途中からは巨大な下水施設のような場所を急流下りするようなアクションが展開され、その最後には下半身が欠損するというむごたらしい主人公の死にざまが描かれている。その損壊描写のスクリーンショットは張れないので直接、動画を確認してみて欲しい。

 『デッドスペース』の精神性を受け継いだような暴力性や残虐性が満載のゲームになっていることが伺える 『The Callisto Protocol』の発売日は12月2日(金)だ。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ