『オーバーウォッチ2』基本プレイ無料でサービス開始。日本人の新キャラクター「キリコ」をはじめとする3人のヒーローが追加され、5対5へと変化した新『OW』を味わおう

 Blizzard Entertainmentは日本時間の10月5日(水)午前4時、『オーバーウォッチ2』のサービスを開始した。本作は基本プレイ無料での配信となる。

 初代『オーバーウォッチ』は2016年に発売されたチーム対戦型のFPS。「ヒーロー」と呼ばれるプレイアブルキャラクターは全員が固有の武器、複数のアビリティ、そして強力な効果を持つアルティメット・アビリティを備えており、チームでの連携が強く求められる独特のゲーム性を持ち味とする。「The Game Awards 2016」ではゲーム・オブ・ザ・イヤーに輝くなど、世界的に高い評価を受けてきた作品だ。

 発売後もアップデートによって多数のヒーローが追加されてきたほか、プロリーグ「オーバーウォッチ・リーグ」も長きにわたって継続中。また対戦要素のみならず、作り込まれた世界設定や登場人物のバックボーン、ハイクオリティなアニメーションムービーなどにより、キャラクター面での人気も獲得している。

 今回サービスが開始した『オーバーウォッチ2』では、メインモードの対戦人数が6対6から5対5へと変更。新たなヒーローとして「ソジョーン」「ジャンカー・クイーン」「キリコ」の3名が参戦し、既存のヒーローの多くにも調整がくわえられたことから、ゲーム性は初代『オーバーウォッチ』から大きく変化していることが予想される。

 また基本プレイ無料での提供となることから、新たにバトルパス制を採用。9週間ごとの定期的なアップデートによって、これまで以上のペースで新たなコンテンツやアイテムを提供していくとしている。シーズン1では80以上のカスタマイズアイテムがアンロック可能であるとのことだ。

 ゲーム全体を通してクロスプレイに対応し、プラットフォームの垣根を超えた共闘や対戦が味わえる。デバイス間でアイテムや進捗状況などを共有するクロスプログレッションにも対応しており、いつでもどこでも同じアカウントでプレイすることが可能となっている。

『オーバーウォッチ2』基本プレイ無料でサービス開始1
(画像は『オーバーウォッチ』公式サイトより)

 『オーバーウォッチ2』はNintendo Switch、PS4、PS5、Xbox One、Xbox Series X|S、PC(Battle.net)向けに基本プレイ無料で配信中だ。

 なお、公式Twitterアカウントによれば、10月5日(水)時点でサインイン時などにサーバーエラーメッセージが表示されることを確認しており、サーバーから切断されてしまうなど正常にプレイできない場合があるようだ。現在は開発側で修正に取り組んでいるそうなので、今後の追加アナウンスを待ちたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ