『逆転裁判』を特集する教養番組「ゲームゲノム」が本日(10月19日)23時から放送。NHK+にてネット視聴も可能。開発者の巧舟氏と歌舞伎俳優・松本幸四郎氏が出演

 本日10月19日23時からは、アドベンチャーゲーム『逆転裁判』を特集するNHKの教養番組「ゲームゲノム」が放送予定だ。

 チャンネルはNHK総合1。また、映像配信サービス「NHKプラス」ではネット視聴および登録者向けの見逃し配信も可能となっている。

 「ゲームゲノム」は、ゲームを「文化」として捉えて名作の魅力を深掘りするNHKの教養番組。約30分に渡ってゲームの魅力を深堀する。

 これまで『デス・ストランディング』の小島秀夫監督、『ワンダと巨像』と『人喰いの大鷲トリコ』の上田文人氏、『ペルソナ5』の橋野桂氏がそれぞれ出演。さらに次週10月26日の放送回では、アクションRPG『ダークソウル』を特集することが明らかになっている。

 そして今夜23時に放送される「ゲームゲノム」では、『逆転裁判』を特集する。

 『逆転裁判』シリーズは、カプコンから第一作目が2001年10月12日にゲームボーイアドバンスへ向けて発売された法廷バトルアドベンチャーゲーム。

 テレビアニメや実写映画化、舞台化されるなど人気を誇っているシリーズで、現在は6作目まで展開しており、派生作品として『逆転検事』シリーズ、『レイトン教授VS逆転裁判』、『大逆転裁判』シリーズがある。

『逆転裁判』を特集する教養番組「ゲームゲノム」が本日(10月19日)23時から放送_001
(画像は逆転裁判 | Wii U | 任天堂より)
『逆転裁判』を特集する教養番組「ゲームゲノム」が本日(10月19日)23時から放送_002
(画像は逆転裁判 | Wii U | 任天堂より)

 プレイヤーは弁護士・成歩堂龍一(なるほどう りゅういち)となり、情報や証拠品を集めつつ、法廷にてそれらを武器に証人たちの証言のなかに秘められている矛盾を指摘していく。「異議あり!」というキメ台詞がシリーズの代名詞となっている。

『逆転裁判』を特集する教養番組「ゲームゲノム」が本日(10月19日)23時から放送_003
(画像は逆転はミステリー 〜逆転裁判〜 – ゲームゲノム – NHKより)
『逆転裁判』を特集する教養番組「ゲームゲノム」が本日(10月19日)23時から放送_004
(画像は逆転はミステリー 〜逆転裁判〜 – ゲームゲノム – NHKより)
『逆転裁判』を特集する教養番組「ゲームゲノム」が本日(10月19日)23時から放送_005
(画像は逆転はミステリー 〜逆転裁判〜 – ゲームゲノム – NHKより)

 今回の「ゲームゲノム」では、このシリーズの生みの親であるカプコンの巧舟(たくみ しゅう)氏が出演するとともに、シリーズ愛好家である歌舞伎俳優・松本幸四郎氏が出演して、痛快な逆転劇に込められた“逆転のカタルシス”に迫っていく。

 放送はテレビにてNHK総合1のほか、NHKプラスにてネット視聴も可能だ。『逆転裁判』シリーズのファンの人はもちろん、本作をプレイしていない人は視聴してみてはいかがだろうか。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年2月2日02時~2023年2月2日03時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ