ビデオゲームの歴史を文化的背景とともに解説する書籍『ゲームの歴史』が11月14日に発売決定。「もしドラ」岩崎夏海氏と「映画を早送りで観る人たち」稲田豊史氏の共著

 講談社は、コンピューターゲームの歴史をわかりやすく解説する書籍「ゲームの歴史 1」、「ゲームの歴史 2」、「ゲームの歴史 3」を11月14日に発売すると発表した。Amazonでの取り扱いは11月16日からとなる。

 著者は岩崎夏海氏稲田豊史氏。価格は各税込1760円。

書籍「ゲームの歴史」が11月14日に発売決定_001
(画像は『ゲームの歴史 1』(岩崎 夏海,稲田 豊史)|講談社BOOK倶楽部より)

 「ゲームの歴史」シリーズは、コンピューターゲームの歴史について書かれた書籍。いまや一大エンタテインメント産業となったコンピューターゲームの成り立ちを順を追いつつ、わかりやすくかつ網羅的に解説する。

 全三巻となっており、目次は以下のとおり。

■第一巻の目次

はじめに
第1章 「いたずら」とゲームの関係
第2章  それはMITから始まった
第3章  全てを変えた『ポン』
第4章  マネから生まれた日本のゲーム業界
第5章  アタリショックとゲーム&ウォッチ
第6章  ファミコンの誕生と『スーパーマリオ』革命
第7章 『ドラゴンクエスト』という新しい風
第8章  RPGの時代

■第二巻の目次

第9章 ゲームボーイと『ポケモン』の伝説
第10章 セガの失敗と『テトリス』の快感
第11章 プレイステーションの誕生
第12章 『FFVII』の衝撃と功罪
第13章 3Dをめぐる攻防
第14章 プレイステーション2の罪と罰
第15章 ハード戦争の終結
第16章 オンラインゲームという新世界

■第三巻の目次

第17章 任天堂の復活
第18章 iモードとガラケー
第19章 インディゲームと『Minecraft』
第20章 eスポーツとゲーム実況
第21章 制作者のグローバル化
第22章 スマホとガチャ
第23章 ナイアンティックのゲームチェンジ
第24章 NintendoSwitchという“置き土産”
あとがき


 著者は「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」の岩崎夏海氏と、『映画を早送りで観る人たち』の稲田豊史氏による共著となる。

 岩崎氏は、東京芸術大学の建築科を卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。 放送作家としてテレビ番組の「とんねるずのみなさんのおかげです」、「ダウンタウンのごっつええ感じ」などの制作に参加。 その後、アイドルグループAKB48のプロデュースにも携わった。ほかにも絵本の編集、メールマガジン「ハックルベリーに会いに行く」などに携わる。

 代表的な著書に「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「イノベーションと企業家精神」を読んだら」がある。

 一方の稲田氏は、横浜国立大学の経済学部を卒業後、映画配給会社に入社。ゲーム業界誌の編集記者、DVD業界誌の編集長を務めたあと、出版社の書籍編集者を経て、フリーランスの編集者・ライターとして独立した。

 著書に「セーラームーン世代の社会論」、「ドラがたり のび太系男子と藤子・F・不二雄の時代」、「ぼくたちの離婚」、「「こち亀」社会論 超一級の文化史料を読み解く」、「映画を早送りで観る人たち ファスト映画・ネタバレ――コンテンツ消費の現在形」などがある。

 今回の書籍「ゲームの歴史」は、文化的背景なども含めて解説するとのこと。ヒット作を持つふたりの著者による一味違った「ゲームの歴史」の本になりそうだ。気になった人は予約を検討してみてはいかがだろうか。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年2月3日15時~2023年2月3日16時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ