『天穂のサクナヒメ』の開発者が「進めているお話が色々ある」と同作の新展開を予告。2周年に際して今後開発を目指している『サクナ2』には本業農家の「ガチ監修」を入れたいと意欲的なコメント

 『天穂のサクナヒメ』の開発者であるなる氏こいち氏は11月12日、同作の発売2周年を記念したコメントとイラストを公開した。

  『天穂のサクナヒメ』は、神が住う都を追放された豊穣神「サクナヒメ」が人間と共に米作りを行い、農具伸縮自在の「羽衣」を駆使して鬼を討伐していく和風アクションRPGだ。

 本作では8つの工程を経る米作りや田植え歌など、本格的な稲作を体験できる農業シミュレーションと、サクナヒメが鬼を倒すべく戦闘を行う横スクロールアクションというふたつの異なるゲーム性が同居する作品となっている。

 本格的な稲作の描写や和風の世界観が話題を呼んだ本作は、世界累計出荷数が100万本を突破する記録を残している。

 なる氏による発売2周年を記念するコメントでは「サクナワールドはまだ続いていく予定」であり、「進めているお話が色々ある」と『天穂のサクナヒメ』に関連した新規のコンテンツの存在を明かした。

 なお、こいち氏によると新規のプロジェクトは『天穂のサクナヒメ』の続編ではなく、開発も開始していないという。しかしながら、『天穂のサクナヒメ』の続編を作る機会があれば、本業の農家による「ガチ監修」を入れた作品にしたいと意欲的なコメントを投稿した。

 『天穂のサクナヒメ』の対応プラットフォームはPC(Steam)、PS4Nintendo Switchとなっている。

 価格はPS4、Nintendo Switch版の通常版が2980円、Steam版の通常版が3278円となっている。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ