入院生活を送る少年が「絵本の世界」で願いを叶えるため旅するゲーム『RAKUEN』Nintendo Switch版が2023年3月23日に発売決定。待望の日本語化も決定

 個人ゲーム開発者のLaura Shigihara氏は12月4日(日)に配信された「INDIE Live Expo Winter 2022」にて、『RAKUEN』のNintendo Switch版を2023年3月23日(木)に発売すると発表した。

 『RAKUEN』は、長きにわたって入院生活を送る少年の冒険を描いたアドベンチャーゲームだ。主人公の少年はある日、母親に「お気に入りの絵本の世界に連れていってほしい」とお願いする。その中で森の守護神に会えば、ひとつだけ願いをかなえてもらえるのだという。

 ただしそれには条件があり、森には他の入院患者たちが「絵本の世界での姿」で暮らしている。少年が自らの願いをかなえるためには、彼らの悩みを解決してあげなくてはならない。そうして彼らに新味に寄り添ううちに、やがて少年は自身のことも理解していくそうだ。

『RAKUEN』Nintendo Switch版が2023年3月23日に発売決定1
(画像はニンテンドーeショップ『RAKUEN』販売ページより)

 物語の中には、誰も見舞いにこないと不平を言いながら壊れたオルゴールを守る気難しい老人、夫が片時も離れず看病を続けている意識不明の女性、友だちにお別れを言えなかったことを悔やみ続けている少女などユニークなキャラクターたちが登場。心温まる感動的なストーリーが展開するようで、Steam版には「泣ける」などと物語面を絶賛するレビューが多数集まっている。

 そんな『RAKUEN』だが、今回発売されるNintendo Switch版では待望の日本語対応が行われることが明らかにされた。あわせて新規コンテンツも追加されるほか、Steam版もアップデートによって同様の内容へアップグレードされる。

『RAKUEN』Nintendo Switch版が2023年3月23日に発売決定2
(画像はニンテンドーeショップ『RAKUEN』販売ページより)

 『RAKUEN』のNintendo Switch版は2023年3月23日(木)に発売を開始する。高い評価を獲得してきた本作がついに正式に日本語化され遊べるようになるため、まだプレイしていないという方はこの機会にぜひ触れてみてはいかがだろうか。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年2月1日01時~2023年2月1日02時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ