いま読まれている記事

『そろそろ寿司を食べないと死ぬぜ!』新作のNintendo Switch版が開発決定。クラウドファンディングは目標金額の約2倍、250万円以上の支援を集める大成功

article-thumbnail-230529e

 個人ゲーム開発者のただすめん氏は5月27日(土)、『そろそろ寿司を食べないと死ぬぜ!』新作のNintendo Switch版の開発が決定したことを報告した。

 『そろそろ寿司を食べないと死ぬぜ!』は、もともと2021年にPC向けのフリーゲームとして公開された作品だ。“寿司を食べ続けなければ死ぬ”主人公が、世界から寿司を消そうとたくらむ悪と戦うという独創的かつシュールな設定、やたらとハイテンションなノリなどが注目を集めた3Dアクションゲームである。

 ただすめん氏は本作のほかにも『PIEN-ぴえん-』『体育館の天井に挟まったマッチョを助けるゲーム』『推色-オシイロ-』など、数々の話題作を世に送り出してきたことで知られる。4月4日(火)に『そろそろ寿司を食べないと死ぬぜ!』の新作をリリースするためのクラウドファンディングを開始し、このたびNintendo Switch版の開発が決定した形だ。

 『そろそろ寿司を食べないと死ぬぜ!』の新作では、前作の「シュールな世界観 & シンプル3Dアクション」という特徴はそのまま、新たな要素を取り込むとしている。前作以上のステージ数でボリュームアップを図り、寿司の存亡を賭けた戦いを描く“無駄に壮大なストーリー”を描いていくという。

 スケジュールとしては2023年下旬にPC版のリリースを予定しており、その後に各プラットフォームへの移植の準備を行っていくとしている。なお、開発状況によっては延期する可能性もあるとのことなので、引き続き動向を見守っていきたい。

 本作のクラウドファンディングはスタートから24時間以内に目標金額を達成しており、記事執筆時点では520人以上から計250万円以上、目標金額の約190%におよぶ支援を集めている。クラウドファンディングは5月31日(水)まで実施しているので、興味を持たれた方は今の内にチェックしておこう。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月22日20時~2024年5月22日21時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ