いま読まれている記事

『龍が如く8』ガチャピンさん、ムックさんへの出演者インタビューが公開。「ドンドコ島」に出演するふたりが「3Dスキャン」などの制作秘話を語る

article-thumbnail-231201s

セガは12月1日、『龍が如く8』の作中に登場する「ガチャピン」と「ムック」を演じるガチャピンさん、ムックさんへの出演者インタビュー映像を公開した。

『龍が如く8』は、PS5/PS4、Xbox Series X|S/Xbox One、PC(Windows、Steam)に向けて2024年1月26日に発売予定だ。

『龍が如く8』は2005年に発売された『龍が如く』を原点とする同名シリーズの最新作。人生最後の戦いに挑む「桐生一馬」と人どん底から再び這い上がる「春日一番」のダブル主人公制を採用し、シリーズ初の海外ステージ「ハワイ」も登場するなど、かねてから注目を集めている作品だ。

このたびインタビューが公開されたガチャピンさん、ムックさんは、本作より登場する新コンテンツ「ドンドコ島」にマスコットキャラクターとして登場する。

『龍が如く8』ガチャピン、ムックの出演者インタビューが公開_001
(画像は(462) 『龍が如く8』新プレイスポット「ドンドコ島」紹介トレーラー – YouTubeより)

ドンドコ島は島に流れついた春日一番としてプレイするかたちとなっており、島の漂着物やゴミをバットなどで破壊し、素材を収集し家具や家、乗り物、道路を作るクラフト要素が用意され、ドンドコ島を自分好みの島に改造できる。

さらに、島が発展すると「お客さん」が来島するため観光事業に勤しんだり、島に訪れる「海賊」と戦ったりと「ドンドコ島」のみで「一本のゲーム」のような膨大なアクティビティを楽しむことが可能だ。

このたび公開されたインタビューではまず「出演が決まった時の感想」を問われており、ふたりのコミカルな口調で「オファーが来るとは思ってもみなかったため、驚き、喜んだ」と述べている。

また、脚本を読んだ感想としては「リゾートアイランドのマスコットキャラクター」という役職が夢の様であることや、「ドンドコ島が春日一番により復興していく様が爽快であり、ワイルドな魅力を持っている」点が見どころであると語っている。ふたりは「ドンドコ島に実際に遊びに行きたくなった」とも述べており、『龍が如く8』への好意的なリアクションが伺えた。

さらに、本作に出演するにあたってガチャピンさんとムックさんは『龍が如く』シリーズにて俳優をスキャンしている「3Dスタジオ」にて各位の3Dモデルの制作に臨んだが、「憧れていたスキャン技術に参加できて嬉しかったが、寝ぐせなどが無いか心配だった」と自身の毛並みにちなんだ制作秘話を紹介した。

ガチャピンさん、ムックさんの活躍も気になる『龍が如く8』。興味がある読者は2024年1月26日の発売に向けて公開される続報をチェックしよう。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年4月17日08時~2024年4月17日09時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ