いま読まれている記事

人気カニ対戦ゲームの続編『カニノケンカ・ニ』の体験版が期間限定で配信開始。新要素として強力な「スペル」や「スキル」「ヒト」が登場、体験版は早期アクセスが開始する2月13日まで配信される

article-thumbnail-240206i

PLAYISMは2月6日、カニ同士の戦いを描く人気ゲームの続編『カニノケンカ・ニ』の体験版を配信開始した。

体験版の配信期間は2月13日までとなっており、2月13日には試験を兼ねて開発中のゲームをリリースする早期アクセス版を配信開始する予定だ。

『カニノケンカ・ニ』は2020年に発売された対戦型のアクションゲーム『カニノケンカ』の続編だ。前作における「相手のカニをひっくり返したら勝ち」であるというルールはそのままに、カニの背に乗るプレイアブルキャラクター・「ヒト」が登場し、ダメージを受けることで蓄積するゲージを消費し使用する強力な「スペル」や40種類以上に及ぶ「スキル」といったバトルにおける新要素も追加された作品となる。

『カニノケンカ・ニ』の体験版が配信開始_001

今作のプレイアブルキャラクターであ「ヒト」はカニに乗り操るだけでなく、降りて武器を運搬/投擲をおこなったり、ステージギミックを使用したりとカニの戦いをサポートできる。集団戦ではカニがノックアウトされても味方のカニに乗り替えるなどテクニカルな戦術も可能だ。

また、「ヒト」のビジュアルに関してはゲーム内の装備アイテムでカスタマイズすることや、VRM形式のファイルの読み込みやVRoid Hub連携機能により自由な姿で遊べるという。

『カニノケンカ・ニ』の体験版が配信開始_002

作中にはキャリアモードが用意され、シングルプレイでカニと共に成長していくことができる。同モードにはランキング上位を目指していく「公式戦」、カニのみならずトラクターやモンスターと戦う「興行」、悪いカニと正義のために戦う「イベントバトル」といったコンテンツを楽しめる。

キャリアモードでの育成が完了したカニはオンライン対戦で使用できるほか、次にキャリアモードを楽しむ際にスキルを継承させることが可能だ。

『カニノケンカ・ニ』の体験版が配信開始_003

また、マルチプレイモードに関しては全世界のプレイヤー1対1の勝負をするランクマッチ・カジュアルマッチ、5人まで遊べるルームマッチを搭載。ルームマッチではルールをカスタマイズして遊ぶこともできる。

体験版は無料でプレイできるため、カニ同士の新たな戦いに関心があれば、ぜひプレイしてみよう。

プレスリリースの全文は以下のとおり。


ひっくり返せば勝ちとなる甲殻類アクションゲーム“カニノケンカ”最新作『カニノケンカ・ニ』Steam Next フェスにて体験版を配信中!

インディーゲームパブリッシングブランドの“PLAYISM”(https://playism.com/)(運営:株式会社アクティブゲーミングメディア)は、カラッパゲームス合同会社が開発する、ひっくり返せば勝ちとなる甲殻類アクションゲーム『カニノケンカ』シリーズ最新作『カニノケンカ・ニ』の体験版を、現在開催中の Steam Next フェス(日本時間 2 月 13 日 AM03:00 に終了予定)に出展したことをお知らせいたします。
なお、2024 年 2 月 13 日(火)には、Steam にてアーリーアクセスを開始する予定ですので、ぜひウィッシュリストにご登録ください。

『カニノケンカ・ニ』の体験版が配信開始_004

※画面はすべて開発中のものです。※PLAYISM のロゴおよびシンボルマークは、Active Gaming Media Inc..の商標登録です。© 2024 Active Gaming Media Inc.

『カニノケンカ・ニ』とは

待望の『カニノケンカ』続編となる『カニノケンカ・ニ』は、相手をひっくり返せば勝ちとなる、物理ベースの巨大な甲殻類のレスリングに様々な戦略要素を加えたコンバットアクションゲームです。本作では、キャリアモードで様々な敵に挑戦しながら、あなただけの戦法を編み出し、最大 5 人によるマルチプレイで世界中のカニと盛り上がることができます。また、前作『カニノケンカ』の操作に加え、一般的な三人称アクションゲームに近い「モダン」タイプ操作も追加され、さらに戦況を知らせる実況機能も搭載。スキルによる操作
テクニックの自動化なども可能になり、より遊びやすく進化しました。

Steam Next フェス(2024 年 2 月 6 日~13 日)に参加中
新操作方法のモダンやキャリアモードなどの新要素、対戦や協力プレイといったオンライン要素がプレイできる体験版は、アーリーアクセス開始の 2 月 13 日までの期間限定配信を予定しております。この機会をお見逃しなく。
※体験版はカニ・ブキの種類やキャリアモードの育成期間などに制限を加えています。

2024 年 2 月 13 日よりアーリーアクセス開始
カニが育成できるキャリアモードやオンライン対戦といった各種ゲームモードは、アーリーアクセス開始時点で実装済みですので、ヒトの参戦によってより増した戦略性など、あらゆる面で進化した本作をいち早くプレイしたい方は奮ってご参加ください。アーリーアクセス期間中は、バランスの調整や追加要素に関するアップデートを予定しています。

※画面はすべて開発中のものです。※PLAYISM のロゴおよびシンボルマークは、Active Gaming Media Inc..の商標登録です。© 2024 Active Gaming Media Inc.

『カニノケンカ・ニ』ゲーム概要

一人で楽しめるキャリアモード
カニと共に成長し頂点を目指そう。様々なスキル・ブキを獲得し、ステータスアップをしながらキャリアを進めることができる。「公式戦」でランキングを駆け上がるもよし、トラクターやモンスターまで相手にする「興行」や正義のために悪いカニを成敗する「イベントバトル」で注目を集めるもよし!育成が完了したカニは、次回のプレイにスキルを継承できるだけではなく、オンライン対戦で使用可能になる。

みんなで楽しむマルチプレイモード
全世界のプレイヤーと 1 対 1 の真剣勝負をするランクマッチ・カジュアルマッチ、協力して強力なカニと対戦するチャレンジモード、最大 5 人によるルームマッチを搭載。ルームマッチではパスワード設定やルールをカスタマイズして遊ぶことができる。

カニノケンカ・ニのここがミソ

ヒト
本作において、あなたはカニではない。ヒトだ。カニに乗れば自在に操り、降りてもブキの運搬・投擲や、ステージギミックの使用などカニのサポートができる。集団戦ではカニがノックアウトされても味方のカニに乗り替えるなどテクニカルな戦術を展開する事も…。また、見た目の装備をカスタマイズできる他、VRM 形式ファイルの読み込み、VRoid Hub 連携機能で自由な姿になれる。

ブキ
カニは左右のハサミに武器を持てる。ナイフからチェーンソー、そして騎乗するバイク、ドリルやジェットなどの超兵器、聖剣や筋斗雲といったファンタジーアイテムまでカニは何でも使いこなす。

スペル
ダメージを受けると溜まる「カニゲージ」を消費することでブキや障害物を召喚し、目からレーザーを発射するなど様々な効果を発揮。状況次第では逆転の一手となる。

スキル
40 種類以上に及ぶ様々なスキルを身に着けることでカニをカスタマイズできる。カニの動作をサポートするオートマチックスキル、表示情報を増やすビジュアライズスキル、ポーズをとることで必殺技を放つハイパースキルなど初心者でもスキルを活用することで熟練の動きに近づける。

※画面はすべて開発中のものです。※PLAYISM のロゴおよびシンボルマークは、Active Gaming Media Inc..の商標登録です。© 2024 Active Gaming Media Inc.

『カニノケンカ・ニ』製品概要

Steam: https://store.steampowered.com/app/2457580/
公式ページ: https://playism.com/game/fight-crab-2/
トレーラー: https://youtu.be/bOQwJ1d_ScI
■タイトル:カニノケンカ・ニ Fight Crab 2
■開発元:カラッパゲームス
■販売元: PLAYISM
■ジャンル:甲殻類コンバットアクションゲーム
■対応言語:日本語/英語/中国語(簡体字)/中国語(繁体字)
■対応機種: Steam
■発売予定: 2024 年 2 月 13 日(火)アーリーアクセス開始
■価格: 1,480 円(税込)
■プレイヤー数: 1-5 人
■権利表記 © Calappa Games. All rights reserved. Licensed to and published by Active Gaming Media Inc.

※画面はすべて開発中のものです。※PLAYISM のロゴおよびシンボルマークは、Active Gaming Media Inc..の商標登録です。© 2024 Active Gaming Media Inc.

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年6月15日05時~2024年6月15日06時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧