いま読まれている記事

下村陽子氏がGDCアワードにて「生涯功労賞」を受賞。『ストリートファイターII』『スーパーマリオRPG』『キングダム ハーツ』など多数のゲーム音楽を手掛けた人物

article-thumbnail-2402092i

Game Developers Conferenceは、GDCアワード2024において『キングダム ハーツ』、『スーパーマリオRPG』、『ファイナルファンタジーXV』などの作曲家で知られる下村陽子氏を「生涯功労賞」に選出したと発表した。

授賞式が行われるGDCアワード2024は、現地時間3月20日に行われる予定だ。

Game Developers Conference(GDC、ゲーム開発者会議)は、世界各国のゲームの開発者が集まり、さまざまなカンファレンスを行う催し。またその催しの中でゲームオブザイヤーを発表する「GDCアワード」(The Game Developers Choice Awards)は、主要なゲームアワードのひとつとして毎年、注目されている。

今回はGDCアワードにて、下村陽子氏が「生涯功労賞」を受賞したことが明らかになった。日本人としては2022年の堀井雄二氏以来となる。

下村陽子氏は、1988年にカプコンでキャリアをスタート。『ストリートファイターII』、『ファイナルファイト』などのタイトルの音楽を担当し、その後、1993年にスクウェア (現スクウェア・エニックス)に入社、『ライブ・ア・ライブ』、『スーパーマリオRPG』、 『キングダム ハーツ』シリーズ、『ファイナルファンタジーXV』などのゲーム音楽を手掛けた。

その後、スクウェア・エニックスを退職し、Midiplexという自身の音楽制作会社を設立して今に至っている。

なおこのほか「生涯功労賞」は、Fawzi Mesmar氏も授賞している。Fawzi Mesmar氏は、Ubisoft、 EA 、King (Activision Blizzard)、Gameloft、アトラスなどに所属したことがあるキャリアのある持ち主で、アラビア語でゲームデザインに関する初の教科書『Al-Khallab On The Art of Game Design』の著者でもあるという。

授賞式が行われるGDCアワード2024は、現地時間3月20日に行われる予定だ。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年6月18日00時~2024年6月18日01時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧