いま読まれている記事

日常侵食型ミステリーゲーム『Project:;COLD 2.0』“100問の謎解きガチャ”が立ちはだかるも、数千人の参加者によってわずか3時間半で攻略される ― base64、モールス信号、シーザー暗号などが難なく突破

article-thumbnail-240227r

Team Project:;COLDは2月27日(火)、『ALTÆR CARNIVAL』(アルター・カーニバル)をはじめとする日常侵食型ミステリーゲーム『Project:;COLD 2.0』の“解決編”の開始を発表した。

『ALTÆR CARNIVAL』は、それぞれ秘密を抱えた5名の少女たちが参戦するデスゲーム。彼女たちには数々の謎解きが課せられ、もっとも解答の遅かったキャラクターが脱落、処刑されるというのが基本ルールだ。

『Project:;COLD 2.0』“解決編”が開幕_001

ただし謎を解くのはキャラクターではなく、YouTubeを通じて彼女たちの配信を見守る視聴者たち。ユーザーがそれぞれ推しキャラクターを守るため、他の視聴者とリアルタイムに協力しながら謎に挑むという、視聴者参加型のコンテンツとなっている。2月24日(土)に開催された2nd GAMEは「吉永瑠奈」が脱落するという結果に終わった。

そして、このたびアナウンスされた“解決編”では、作中の探偵「イオリ・ハートフィールド」と協力しながらデスゲームの抹消を目指していくことになる。

2月26日(月)にイオリから届いたミッションは「デスゲームの主催者に近しい人物を見つけ出せ」というもので、そのヒントは『ALTÆR CARNIVAL』のアーカイブ動画のコメント欄に残されていた。

『Project:;COLD 2.0』“解決編”が開幕_002

該当の書き込みから彼らが所属するオンラインサロン「HIGH conscious lab.」が特定されるが、その内部を閲覧するためにはLINE上で「100問の謎解きガチャ」を回し、問題を解く必要があった。

『Project:;COLD 2.0』“解決編”が開幕_003

さらにこのガチャは回した時間によって排出されるレアリティが異なるという仕様となっており、本来であれば27日(火)午前8時8分まで待つ必要がある。しかしどういうわけか、プレイヤーのパワープレイによって同日の午前0時40分ごろに全問題がクリアされ、パスワードが解明されたのだ。

これには運営も「おかしいですね。」とコメント。ユーザーからは「えぐいw」「いやもう、ドンマイ!」「腹抱えて笑った」といった声が寄せられた。

深夜にもかかわらず、謎解きの参加者は3時間で4000人を超え、ときには数百人規模のチームがホワイトボードツールに集まって謎解きを進める場面も。

『Project:;COLD 2.0』“解決編”が開幕_004

絵柄合わせ、base64、モールス信号、シーザー暗号など、多くの工程を経て、開始から約3時間30分でみごと攻略を達成。一連の出来事には #祭壇の死亡遊戯事件 が付けられ、Xのトレンド入りも果たした。

なお、この謎解きについては公式サイトからダウンロードでき、いつでも体験できる。

“解決編”もスタートした『Project:;COLD 2.0』だが、引き続き『ALTÆR CARNIVAL』の3rd GAMEも3月2日(土)より配信予定。残る3人の少女の命運が気になる方は、忘れずにゲームに参加しよう。

プレスリリースの全文は以下のとおり。


日常侵食型ミステリーゲーム『Project:;COLD 2.0』デスゲームの主催者を探る解決編がスタート!

100問の謎解きガチャが立ちはだかるも、数千人により、わずか3時間半で突破される

『Project:;COLD 2.0』“解決編”が開幕_005

Team Project:;COLDは、視聴者参加型デスゲーム『ALTÆR CARNIVAL』(アルター・カーニバル)を始めとする日常侵食型ミステリーゲーム『Project:;COLD 2.0』の“解決編”の開始を発表いたします。

“解決編”では、デスゲーム『ALTÆR CARNIVAL』の主催者に迫り、作中の探偵「イオリ・ハートフィールド」と協力しながら、デスゲームの抹消を目指します。そして2月26日21:30、イオリからミッションが届きました。

その内容は、『ALTÆR CARNIVAL』のYouTube周辺に居る“主催者に近しい人物”を見つけ出せ、というものでした。

実は『ALTÆR CARNIVAL』のアーカイブ動画に、デスゲームの関係者がコメントをしていたのです。

この書き込みから、彼らが所属するオンラインサロン「HIGH conscious lab.」が特定されます。

しかし、「HIGH conscious lab.」の内部を閲覧するためには、パスワードが必要でした。パスワードを求めるためには、同サイトからLINEアカウントを友達登録し、LINEで「100問の謎解きガチャ」を回す必要があります。

『Project:;COLD 2.0』“解決編”が開幕_006

このガチャは一人1回という制限が設けられており、どの問題が排出されるかはランダム。問題は0~6までのレアリティに分かれており、まずは100枚全ての問題を集め、それを解いていくことになります。

実はこのガチャ、レアリティによって排出される確率が異なるのではなく、ガチャを回す時間によって、排出されるレアリティが異なる仕様になっていたのです。その仕様とは、ガチャを回した時間に含まれている〇の数によって変化する、というもの。たとえば、10:16ならレアリティ2、08:08ならレアリティ6の問題が排出されます。

『Project:;COLD 2.0』“解決編”が開幕_007

そのため、全ての謎を解くためには08:08まで待つ必要がありましたが、プレイヤーのパワープレイにより、どういうわけか2月28日0:40頃に全ての問題が突破。謎解き開始から3時間の出来事です。

深夜にもかかわらず、謎解きの参加者は3時間で4000人を超え、時には数百人がホワイトボードツールに集結し、謎解きを進める場面も。謎解きは順調に進み、絵柄合わせ、base64、モールス信号、シーザー暗号など、多くの工程を経て、開始から約3時間30分で、「HIGH conscious lab.」の閲覧パスワードである「creativity」に辿り着くことができました。

なお、これらの謎解きはいつでもご体験いただけます。

■『ALTÆR CARNIVAL』2nd GAME振り返り

2月24日に実施された『ALTÆR CARNIVAL』2nd GAMEの振り返りもお届けいたします。

『Project:;COLD 2.0』“解決編”が開幕_008

2nd GAMEでは、『はぁっていうゲーム』でキャラクターが自身のアピールを行い、その上で、チーム戦のシークワーズ(盤面の中から共通するテーマを持った単語を探すゲーム)を実施。その結果、最下位(脱落者)は吉永瑠奈に。

『Project:;COLD 2.0』“解決編”が開幕_009

吉永瑠奈の処刑タイム【デスゲーム:アルター・カーニバル

スピリチュアル系占い師・天法寺ジュリエッタを崇拝する彼女は、あまりの狂信者ぷりに引いてしまう視聴者も見受けられましたが、彼女は最後に衝撃の事実を暴露します。

それは、過去に自分を虐めていた人間の名前と、天法寺ジュリエッタがインチキ占い師であるということ。彼女の優勝して叶えたい願いは「天法寺ジュリエッタの名誉を回復したいいじめっこを全員殺してほし」でしたが、本当の願いは、「虐めっこを全員殺してほしい」でした。そして、その罪を天法寺に被せることにより、天法寺を破滅させることを目論んでいたのです。

『Project:;COLD 2.0』“解決編”が開幕_010

これには視聴者も「え!?」「そっち!?」「早く行ってくれれば応援したのに!」と驚きのコメントが多数寄せられました。彼女の狂信者ぷりは、過去の自分を模した演技であり、視聴者すらも欺いていたようです。

なお、優勝者は前回に引き続き「墨田季楽々」です。その他の結果は以下をご覧ください。

『Project:;COLD 2.0』“解決編”が開幕_011

【アーカイブ】
アルター・カーニバル個別配信【吉永瑠奈】
アルター・カーニバル個別配信【花崎薫】
アルター・カーニバル個別配信【日下部祥子】
アルター・カーニバル個別配信【墨田季楽々】

次回の配信は、3月2日(土)20:00を予定しております。推せる少女はまだ残っておりますので、ぜひご参加頂けますと幸いです。

■『ALTÆR CARNIVAL』概要・ルール説明
『ALTÆR CARNIVAL』は「セクション1」「セクション2」「処刑パート」の3部で構成されています。

『Project:;COLD 2.0』“解決編”が開幕_012

セクション1のイメージ。1st GAMEでは「わくわくパネルトーク」を実施。

「セクション1」は少女たちが簡単なゲームに挑みます。こちらには視聴者の介入要素はありません。ぜひ、どのキャラクターに協力するか、その判断材料にしていただければと思います。なお、「セクション1」の順位によって、「セクション2」でのインセンティブが発生する場合があります。どのキャラクターがどういった順位になるのか……それは、彼女たち次第です。

『Project:;COLD 2.0』“解決編”が開幕_013

「セクション2」では、キャラクターごとに配信枠が立ち上がりますので、協力したいキャラクターの配信に移動することで、キャラクター・他の視聴者と共に、謎解きに挑戦して頂けます。

『Project:;COLD 2.0』“解決編”が開幕_014
謎解きの正解者は画面上に表示され、解説も確認できる。

また、謎解きが始まる前や解き終わった後などに、キャラクターとコミュニケーションが取れる時間もご用意しております。『ALTÆR CARNIVAL』は推しの命をかけたゲームです。ぜひ悔いのないように。

『Project:;COLD 2.0』“解決編”が開幕_015
実況画面のイメージ

「セクション1」を配信していた枠では、司会(天の声)による実況を行いますので、移動せずにそちらをお楽しみいただくことも可能です。

『Project:;COLD 2.0』“解決編”が開幕_016

そして「セクション2」で“もっとも謎解きが遅かったグループ”のキャラクターは、脱落者として、「処刑パート」に登場することになります。誰が脱落するのか、それを決めるのは、このゲームの視聴者である貴方です。

■ALTÆR CARNIVAL参加者
現在、デスゲームに参加する5名は、ゲーム運営の手によって監禁されています。

●風張美聡(CV:佐伯伊織)

プロ棋士を志し、奨励会に所属する高校2年生。
地元の人々の応援を一身に受けながら、日々将棋の腕を磨いている。

しっかり者で礼儀正しい、いわゆる優等生タイプ。
他人のだらしなさが気になると、ついつい小言を言ってしまう。

『Project:;COLD 2.0』“解決編”が開幕_017

●吉永瑠奈(CV:首藤志奈)

占い師「天法寺ジュリエッタ」を敬愛する高校1年生。
占い、オシャレ、お菓子が大好き。

天真爛漫な性格で、誰に対しても自分らしく接する。
その素直さが災いしてか、天法寺には精神的にやや依存気味な様子。

『Project:;COLD 2.0』“解決編”が開幕_018

●花崎薫(CV:大渕野々花)

どこまでもマイペースな少女。
学校には通わず、いつも気の向くままにあたりを放浪している。

外見や雰囲気からクールな人物に思われがちだが、性格は冗談好きで気さく。
真剣な態度をとることは滅多にない。

『Project:;COLD 2.0』“解決編”が開幕_019

●日下部祥子(CV:綾坂晴名)

経営難の職場を守ろうと頑張る会社員。
普段から、小さな幸せを噛みしめて生きている。

臆病で気が弱く、注目されることが苦手。
温厚で真面目な性格のため、職場の人間関係はかなり良好。

『Project:;COLD 2.0』“解決編”が開幕_020

●墨田季楽々(CV:相良茉優)

「金のためならなんでもする」がモットーのフリーター。
中学卒業以来、日夜バイトに明け暮れている。

独特なノリで場の空気を荒らすことも多い。
どんなときでもテンションがブレない、かなりタフな精神の持ち主。

『Project:;COLD 2.0』“解決編”が開幕_021

●天の声(CV:平川大輔)
視聴者参加型デスゲーム『ALTÆR CARNIVAL』の司会進行役。
声以外のすべてが謎に包まれている。

■ALTÆR CARNIVAL各種サイト・開催スケジュール
●公式サイト
https://altarcarnival.com/

●公式X
https://twitter.com/AltarCarnival

●公式Discord
https://discord.com/invite/mmvrue9W

●公式YouTube
https://www.youtube.com/@AltarCarnival

●スケジュール
1st GAME :2月17日(土)20:00
2nd GAME :2月24日(土)20:00
3nd GAME :3月02日(土)20:00
FINAL GAME :3月09日(土)20:00
※『Project:;COLD 2.0』の物語は3月末まで展開されます。

■『Project:;COLD 2.0』概要・スタッフ・キャスト

『Project:;COLD 2.0』は、これまでに15万人以上が参加している不可逆性SNSミステリー「Project:;COLD」シリーズのARG(代替現実ゲーム)最新作で、一般的なゲームタイトルとは異なり、ゲームソフトやアプリがあるわけではなく、X(旧Twitter)やYouTubeといった私たちが日常的に利用している場所やサービス上でゲームが展開されます。

『Project:;COLD 2.0』“解決編”が開幕_022
※画像は過去作のものです。

プレイヤーは、あたかも実在するかのような事件をインターネットから目撃し、事件を解決に導く登場人物の一人としてその世界に介入。他のプレイヤーや作中のキャラクターと協力しながら、謎解きや考察を駆使することで、物語の結末やキャラクターの運命に影響を与えていくこととなります。

総監督は「ドラゴンクエスト」シリーズの元ディレクターである藤澤仁氏で、ナンバリング初の携帯ゲーム機専用タイトル『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』や、シリーズ初のMMORPGタイトル『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族』などを手掛けてきました。

また、キャラクターデザインは『Fate/Grand Order』のバーヴァンシーや『刀剣乱舞』の京極正宗のデザインなどを手掛ける望月けい氏、映像監督はバーチャルシンガー・花譜さんのMVなどを手掛ける川サキケンジ氏、キャスティング&プランニングは声優の杉田智和氏と同氏が代表を務めるAGRSが担当します。

■スタッフ
・総監督:藤澤仁
・キャラクターデザイン:望月けい
・映像監督:川サキケンジ
・キャスティング / プランニング:AGRS / 杉田智和
・音響監督:菊田浩巳
・謎解き:眞形隆之
・ロゴデザイン:内古閑智之
・制作:第四境界

■キャスト
・風張美聡:佐伯伊織
・吉永瑠奈:首藤志奈
・花崎薫:大渕野々花
・日下部祥子:綾坂晴名
・墨田季楽々:相良茉優
・天の声:平川大輔
and more…

■タイトル概要
作品名:Project:;COLD 2.0 ALTÆR CARNIVAL(プロジェクトコールド2.0 アルター・カーニバル)
スタート日:2024年2月17日(土)
ジャンル:ARG(代替現実ゲーム)
価格:無料
公式サイト:https://www.project-cold.net/
公式Xアカウント:https://twitter.com/ProjectCOLD_613
権利表記:(C)Project:;COLD

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年6月18日00時~2024年6月18日01時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧