いま読まれている記事

伝説のカルトゲーム『デスクリムゾン』なんと約28年越しの“公式”動画が公開。「上から来るぞ!気をつけろ!」「せっかくだから、俺はこの赤の扉を選ぶぜ」など数々の名言も聞ける

article-thumbnail-240709w

エコールソフトウェア代表取締役・真鍋賢行氏(クリムゾン真鍋)は7月9日、『デスクリムゾン』のエコールロゴからデモ画面までが見られる動画をYouTubeにて投稿したことを発表した。

概要欄には「公式だからといって、画像の質が良いわけではありませんが」と前置いたうえで、「適当に使ってもらってOKです。」と記載されている。

『デスクリムゾン』は、エコールソフトウェアが1996年8月にセガサターン向けに発売したガンシューティングゲーム。

本作は操作性、ゲームバランスをはじめゲーム全体に多くの問題を抱えていたことから酷評を受けた。エコールの公式サイトで「暗黒ゲームの帝王」、「ゲーム界の黒歴史に燦然と輝く、究極のカルトゲーム」などと紹介されていることからも、本作の立ち位置が読み取れるだろう。

一方、その印象的なゲーム画面やいくつかのセリフはのちに動画サイトなどで話題となり、現在ではカルト的な人気を獲得。近年では2021年の「RTA in Japan」でRTAが披露されるなど、やや特殊な形ながら広く親しまれている作品でもある。

今回公開された動画では、一番最初に登場する「ECOLE」のロゴから始まり、タイトル画面、ラスボスを経由しオープニングデモが映し出され、主人公の越前康介こと「コンバット越前」の紹介、明らかに日本語読みのタイトルコールをした後、和歌山県友ヶ島で撮影された映像が映し出される。

「上から来るぞ!気をつけろ!」、「なんだこの階段は」、「せっかくだから、俺はこの赤の扉を選ぶぜ」など、本作を代表する数々の名言も聞くことが可能だ。

動画の終盤では、一部だがゲームプレイ映像も確認できる。ある種伝説のゲームである『デスクリムゾン』の実際の姿を見届けられる公式映像となっているため、気になる方はこの機会を逃さずチェックしておこう。

ライター
人生をゲームとインターネットでぐちゃぐちゃに狂わされた炭水化物。 特に『Terraria』と『Minecraft』、『SIREN』。絶対許さないからな。 電ファミではニュースライターとして活動してます。
Twitter:@0_5_m_e

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年7月20日04時~2024年7月20日05時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ