自在なアクション&華麗な剣術で美しいダンジョンを攻略する、ダークファンタジーなメトロイドヴァニア系ゲーム【レビュー:Grimvalor】

 軽快な動き、美しいビジュアル、やり応えのあるテクニカルなバトル……。
 剣士が謎の迷宮をさまよう、スマホのアクションゲームの決定版とも言うべき、非常にクオリティの高いダークファンタジー・剣劇アクションが公開されています。
 『Grimvalor』です。

 敵を倒しながらダンジョンを探索する横視点のアクションゲームで、こう言うとよくあるゲームに思えますが…… 二段ジャンプと空中ダッシュで自在に移動でき、素早い攻撃で敵をザクザク切り刻める、小気味よい操作感を持つ作品です。

 一方で敵はかなり手強く、きちんとした回避や立ち回りができないとすぐにやられてしまいます。
 軽快で手強い戦闘には、アクションゲームの根本的な楽しさがありますね。

 そしてグラフィックが素晴らしく、緻密に描かれた 3D の背景はリアルな光源で照らされており、不気味さと美しさを兼ね備えています。
 重厚な BGM もマッチしていて、隠し通路が豊富なダンジョンも探索しがいがあり、欠点のないゲームらしいゲームです。

 あえて難点を言うと、メッセージが英語なのでストーリーは理解困難。
 また難易度は、あまりゲームをしないライトユーザーには手に負えないかもしれません。

 しかしアクションゲームですから、英語が読めなくてもプレイには影響しません。
 難易度は一昔前の家庭用ゲーム機の、ちょっと難しめの作品ぐらいなので、そうしたゲームを好んでいた人なら、むしろちょうど良いぐらいでしょう。

 価格は 840 円。買い切りゲームなので課金・スタミナ・広告等はありません。
 開発はフィンランドのメーカーです。

 画面下部にある仮想ボタンで左右移動とジャンプ、攻撃、回避を行います。
 操作性はかなり良く、タッチパネルなのが気にならないほど快適に動けます。

 攻撃は押しっぱなしで連打可能で、スピーディーで華麗なセット攻撃を叩き込めます。
 また、武器によって攻撃モーションが異なり、斧、鉄拳、ハンマーなどが手に入れば、それぞれ異なる攻撃を繰り出せます。

 ゲームが進むと攻撃ボタンをフリックすることで、特殊攻撃を発動可能。
 横フリックなら振り回し攻撃、下フリックなら叩きつけ、上フリックなら打ち上げ or 対空攻撃になります。
 武器の装備枠はふたつあり、ふたつ目にセットした武器によって特殊攻撃もモーションが変化。
 ただし特殊攻撃はエネルギーを消費するため、むやみに使うことはできません。

上部にいる大グモに上フリック攻撃を繰り出しているシーン。 Heartseeker’s Ring という装身具があれば、敵が上空にいても大ジャンプ攻撃で叩き落とせます。 また、特殊攻撃は隠し通路を見つけるのにも使用。 壊せそうな壁や床があったら叩いてみましょう。

 ジャンプは最初から二段ジャンプが可能で、押す長さによって滞空時間を調整可能。
 落ちそうになったり、ギリギリで届かなくても、崖につかまってよじ登ることができます。
 また、壁にジャンプするとそのまま壁を駆け上がることができ、壁を蹴って反対側に飛ぶこともできます。

 そして回避ボタン。これは敵の攻撃を受けそうなときに転がって回避するものですが、敵の攻撃がないときは短距離のダッシュになります。
 このダッシュは空中でも可能で、二段ジャンプとダッシュを併用すれば空中でもかなり動けます。
 また、ダッシュ後に移動すればそのまま走り続けることができます。

 とにかく自在でスピーディー、軽快なアクションを行えるゲームです。
 最初のうちは自在すぎて混乱するかもしれませんが、慣れてしまえばかっこいい動きで狭い足場を華麗に飛び移ったり、敵を翻弄することができるでしょう。

落ちそうになっても崖につかまり、空中ダッシュから壁を駆け上がる、スーパーアクロバチックな主人公。仮に落ちても近くの足場からすぐ再開できます。

 ボスを倒してステージ(Act)をクリアしていくゲームですが、各ステージは広いダンジョンになっています。
 一方通行ではなく、自由に探索でき、各所に武器やアイテムが隠されています。
 簡易マップがあるため迷子になることはないはず。

 回復ポイントの石像があちこちに設置されていて、やられてもそこからの復帰が可能。
 死んでも特にペナルティはありません。 かなり親切な作りになっています。

 ただ、手強い中ボスが各所に潜んでいるため、なかなか倒せなくて進めないということはあるでしょう。

ステージマップ。 1つのエリアはけっこうな広さがあります。 数字は隠されたアイテムの取得率で、宝箱の有無も表示されます。

 ダンジョン内には石のゲートもあり、これを通して離れた場所と行き来できます。
 このゲートを使えばクリア済みのステージにも戻れるので、アイテムを取り忘れたり、敵を残したままクリアしても後で戻ることができます。

 そしてゲートの周囲には「Nexus」(ネクサス)と呼ばれる休憩所のような場所があり、ここで買い物が可能。
 購入は敵を倒すと得られる Soul Shards(ソウルシャード)で行いますが、これは経験値も兼ねていて、レベルアップにも使用します。
 ダンジョン内で見つかる青い欠片を集めれば、鍛冶場で武器や防具を作ることもできます。

 簡単なゲームではないので、武器や装身具(Trinkets)を入手し、レベルアップでステータスを上げ、しっかり強化していくことが大切です。

Nexus でたたずむ謎の女性。 この世界は次元が歪んでいるようで、ゲートを開くとそこに Nexus が丸ごと移動します。
装備画面。薬(Mending Flask)は買ったぶんだけ使用回数が増えていき、石像で休憩すると最大数まで回復。 ボタンのない場所を長押しすると飲むことができます。
ステータスは Vigor は体力、Savagery は攻撃力、Mastery は攻撃速度とクリティカル率アップ、Focus はエネルギー上昇量やソウルシャード入手量に影響。Focus が一定値になると装身具の装備スロットも増加します。

 『悪魔城ドラキュラ(キャッスルヴァニア)』や『メトロイド』のような、往年の名作アクションゲームの最新版、といった趣があります。
 それらをもっと軽快にして、現代のビジュアルにした感じですね。

 今のところ iOS でしか公開されていませんが、内容もビジュアルもスマホらしからぬ作りで、Steam や Nintendo Switch で発売されても高い評価を得られるであろう秀作アクションゲーム。
 ゲーム好きには強くおすすめできる逸品です。

Grimvalor

ダークファンタジー・バトルアクション RPG

(画像は Apple – App Store より)

・アクション RPG
・Direlight Games(フィンランド)
・840 円

文/カムライターオ

関連記事:

“ヴァニア”元プロデューサー・IGA氏が「メトロイドヴァニア」を語る──『サムスリターンズ』から受けた衝撃と新作“IGAヴァニア”に注ぎ込んだ想い【インタビュー】

サイバネ忍者が主役のメトロイドヴァニア『Bushiden』キックスターターキャンペーン開始。1対多数の戦いを大きくフィーチャーした2Dアクションゲーム

著者
『Ultima Online』や『信長の野望 Online』、『シムシティ4』など、数々のゲームのファンサイトを作成してきた。
 iPhone アプリのレビューサイトを経て電ファミニコゲーマーのお世話に。 
 シューティングとシミュレーションが特に好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ