新着記事

VR×ギャルといえばアレじゃなくてコレ!? 特濃VR恋愛アドベンチャー『しあわせ荘の管理人さん。』試遊リポート【TGS2016】


管理人として密にコミュニケーションしなくては

 ゲーマーのみならず、VRコンテンツに期待を寄せるユーザーも注目の東京ゲームショウ2016が、今年も千葉・幕張メッセを会場に2016年9月15日から4日間の開催となった(15日、16日はビジネスデイ)。各ブースでの注目タイトルがひしめく中、会場と同時に電ファミニコゲーマー編集部が一目散に向かったブースはディースリー・パブリッシャーだ。

 巷では、某メーカーの女性の魅力と存在感がスゴい、あのVRレッスンの話題が取りざたされることが多い。確かにあのタイトルはスゴい。いずれ特集をしたいところだ。だが、筆者が密かに対抗馬だと思っているのが、この『しあわせ荘の管理人さん。』なのだ。

 本作はプレイステーション4とプレイステーションVRへの両対応となっており、ブースではVRを使わない状態のものがプレイアブル出展されていた。タイトルを耳にして、「どれほどほんわかな管理人生活が待っているのか」と期待に胸膨らませたわけだが、そこでこのメインビジュアルが妄想をはるかな領域で飛び越えていった

え、この女の子たち、想像と別方向で個性が豊かなのだが!?
え、この女の子たち、想像と別方向で個性が豊かなのだが!?

 そう、管理人がひとつ屋根の下で恋愛を育む女の子たちから、インパクトの大きな濃さが溢れ出ているのだ。濃密なコミュニケーションにいろいろ膨らませながら、さっそく試遊してみることにした。なお、今回プレイできたものはこの東京ゲームショウ用のバージョンとのこと。

ブースはそれぞれの女の子の部屋をモチーフとした個室感たっぷりの作りに。
ブースはそれぞれの女の子の部屋をモチーフとした個室感たっぷりの作りに。
コダワリの小物配置。ティッシュがなんだか生々しい。
コダワリの小物配置。ティッシュがなんだか生々しい。

 本作は、地方都市である華咲市のマンション“しあわせ荘”の管理人となって、住人たちとの恋を育むアドベンチャーゲーム。まずは、世間知らずのお嬢さま、桜井静香ちゃん(黒髪ロン毛)の部屋におじゃました。

 基本的な操作は左スティックで視点の上下左右の移動、右スティックでカメラが被写体に回り込むというもの。グリグリとなめ回すように桜井静香ちゃんをいろいろな角度から堪能する。試遊のバージョンでは完全に背後に回り込んだり、真下からのぞき込むところまではカメラが動かない仕様になっていた。それがなかなかにもどかしい。

見ている箇所によって女の子の会話は変化。どこって……そりゃもう。
見ている箇所によって女の子の会話は変化。どこって……そりゃもう。

 楽しく会話を楽しんでいると、住人がしあわせ荘の地下にある施設について説明してくれる。

 静香ちゃんに案内されて着いた場所はプール。しあわせ荘、名前からは想像付かない規模感のようだ……。で、プールということは、やっぱり静香ちゃんはあの姿に……。

 静香ちゃんを堪能したところで、つぎはオタク系女子大生という竹山日真里ちゃん(ピンクのツインテール)の部屋へ。会話は電波系の内容。「侵略をもくろむ悪い人」とこちらを見ながら怪訝な表情。だったら侵略しようではないか。

会話の最中では選択肢を選ぶ場面も。どの項目も選ばないという選択方法もあった。
会話の最中では選択肢を選ぶ場面も。どの項目も選ばないという選択方法もあった。

 カメラをグリグリ動かせば、部屋の隅々まで見渡せ、住人の趣味がたくさん詰まった部屋の雰囲気も楽しめた。日真里ちゃんも地下の施設を案内してたのだが、そこは更衣室。ん? 更衣室!?

暗転後、スクール水着で登場。管理人生活、充実しそうです。
暗転後、スクール水着で登場。管理人生活、充実しそうです。

 ふたりの女の子と10分ほどの濃密な時間を過ごし、フワフワした心地で試遊は終了となった。今回の出展バージョンは特別なモノということで、画角など仕様に制限がいくつかあったが、製品版ではどのようになっていくのか、とても興味が湧いたし、期待にいろいろ膨らんだ。何より気になっていた女の子についても、プレイをしていると、声も相まって違和感なく触れ合えた。

 そして気になるVRプレイ時の仕様について会場の広報スタッフに尋ねたところ、「続報にご期待ください」との回答。どれほどの回り込みができるようになるのか楽しみだ。

 一般日となる17日(13:30~14:00)と9月18日(12:30~13:00)の両日は、D3ブースにて“しあわせ度チェック”なるイベントも予定されている。気になったならぜひブースを覗くといいだろう。筆者もそこへ“しあわせ”になりに行こうと思う。

タイトル:『しあわせ荘の管理人さん。』
プラットフォーム:PlayStation 4/PlayStation VR
発売日:2017年冬発売予定
メーカー:ディースリー・パブリッシャー
ジャンル:一つ屋根の下系日常恋愛アドベンチャー
CERO:審査予定 価格:未定 対応人数:1人プレイ
開発元:株式会社タムソフト
発売元:株式会社ディースリー・パブリッシャー
ⒸTAMSOFT ⒸD3 PUBLISHER

「東京ゲームショウ2016」関連記事:

何もないのに、何かあるのがおもしろい! 先端技術でバーチャルな“触感”をお手軽体験してみた【TGS2016】

VRゲームは1ヵ月でここまでできる! トイディアブースで『ドラゴン アーチャー(仮)』を体験【TGS2016】
“バイオハザード20th ANNIVERSARY”の隠し玉、『バカハザ』に注目! 『少年バカボン』とのコラボを実現させたキーマンにその場で直撃インタビュー【TGS2016】
椅子ドンVR「キスだけじゃ……物足りない!」 ボルテージブースで私、体験してきました【TGS2016】

【TGS2016】編集部が仕事用に作成した「TGS事前情報全まとめ」を使い道がないので大公開!行く人・行かない人どちらも便利かも
【TGS2016】合法です! ひたすらキレイなコンパニオンさんたちを映し続けるだけの生放送決定!

 
  • 電ファミ公式twitter
  • LINE@開設しました

この記事へのコメント5

コメントを書く
  • キャバクラ荘
  • 部屋で、こんなに服装キメてる人いるのかな?
  • 恋愛ゲームもここまで来ちゃうと妻子ある身としてはもう買えねーよ!…男としては嬉しいけど!
  • やけにケバいのは何でだろう。サマーレッスンみたいに可愛く出来ないのか
  • 目の部分と鼻の両端が濃いので、顔だけなんか浮いて見えるんですよね。背景とかも縁取りが濃かったら、世界観統一できそうな感じするんですけど、なんとも。

関連記事

新着記事