何もないのに、何かあるのがおもしろい! 先端技術でバーチャルな“触感”をお手軽体験してみた【TGS2016】

 “VR元年”と謳われ、プレイステーションVRを筆頭としたVR関連コンテンツに話題が集中している東京ゲームショウ2016だが、最新技術を研究する分野では、視覚や聴覚だけではなく、触覚に働きかける試みも進んでいる。会場となった幕張メッセ・ホール3の“東京ゲームショウ&日本ゲーム大賞 20周年記念ブース”内にある“エンターテインメントの未来”ブースでは、その技術の一端を実際に体感することができるのだ。ここでは、そのうちの3つのプロジェクトの展示内容を紹介。わずかだが感想もお届けする。

全身触感スーツで触覚・視覚・聴覚を同時に刺激

<Synesthesia Suit VR>
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 Embodied Media Project

 エンターテインメントの未来ブースでひときわ目を惹くのが、2016年10月13日発売予定のプレイステーションVR用ソフト『Rez Infinite』のために開発された全身触感スーツ“Synesthesia Suit(シナスタジア・スーツ)”だ。『Rez Infinite』がソニー・インタラクティブエンタテインメントブース以外で試遊できる場所でもあるので、目当てにしている人はこちらの混雑状況もチェックしておくといいだろう。

離れた場所のものを直に触れたような感触を味わう

<テレイクジスタンス>
東京大学高齢社会総合研究機構 舘研究室・慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 Embodied Media Project

 遠隔地の人型ロボットを、自分の分身のように操ることができるシステム。災害支援や医療の現場での利用を目指して開発されたそうだ。ロボットには視覚や聴覚、触感や冷温感などのさまざまなセンサーが付けられている。わかりやすいところでいえば、離れた場所にあるものを直に触っているような感覚が味わえるなどするのだ。

この技術を使えば、ゲーム世界にあるものに触れることも可能。ロボットなら生身の人間が成し得ないこともできるから、「溶岩が煮え立つ火山口も体験できる?」などと妄想も膨らむ。
この技術を使えば、ゲーム世界にあるものに触れることも可能。ロボットなら生身の人間が成し得ないこともできるから、「溶岩が煮え立つ火山口も体験できる?」などと妄想も膨らむ。

<TECHTILE:触感デザインプロジェクト>
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 Embodied Media Project・東京大学高齢社会総合研究機構 舘研究室

 さまざまな触感を疑似的に伝えるシステムが集められたブース。テーマごとに独自のデバイスが開発されているのもおもしろい。触れれば思わず「おおっ!?」と声が出て、「こっちのはどんな感じだろう?」と全部試したくなる。体感してしまえばこんなに簡単なことなのに、高度な研究と技術が詰まっている。

おもちゃの電車を手で走らせると、線路を走る際の音や振動が伝わってくるなど、より多くの感覚が刺激され、想像力も増幅される。
おもちゃの電車を手で走らせると、線路を走る際の音や振動が伝わってくるなど、より多くの感覚が刺激され、想像力も増幅される。
足踏みをすると動物の鳴き声や足元の振動が伝わり、自分がその動物になって歩いている気分になる。モノによってはかなりくすぐったくておもしろい。ヘビは……、ぜひご自分で。
前述のテレイクジスタンスと同様の技術。片方のカップに小石などを入れると、もう片方のカップにその感触がリアルに伝わる。素材によって感じかたがまったく変わる。
前述のテレイクジスタンスと同様の技術。片方のカップに小石などを入れると、もう片方のカップにその感触がリアルに伝わる。素材によって感じかたがまったく変わる。
映像が示す感触が手元に。カップは空のままなのに、底に広がる水の勢いや重さまでが伝わってくるのが不思議。
映像が示す感触が手元に。カップは空のままなのに、底に広がる水の勢いや重さまでが伝わってくるのが不思議。
映像のハムスターがコリコリと割り箸をかじる感覚が如実に味わえる。あーかわいい。なごむねー。
映像のハムスターがコリコリと割り箸をかじる感覚が如実に味わえる。あーかわいい。なごむねー。
耳の不自由な方にもタップダンスの楽しさを味わってもらう目的で開発されたもの。靴を鳴らすと、床からコツコツと感触が伝わってくる。強弱はもちろん、靴底に当たる床の素材の違いまでわかる。

物質転送? いえ感覚クローンです

<視触感クローン>
東京大学大学院 新領域創成学研究科 複雑理工専攻 篠田牧野研究室

 離れた場所にある物体を、あたかも転送したかのように別の場所に再現するシステム。ふたつ並べて置かれているブースの片方を覗いて手を出すと、もう片方のブースから手の映像が出てきて、その手にハイタッチしたりできるのだ。この触感はブースの四方から発せられる空中超音波放射圧を活用して再現しているとのこと。さらにもうひとつ、空間上に仮想キーボードを投影し、キーボードの種類に応じてタッチした感触が変わるというものも体験できた。

逆に、片方のブースにあるタンバリンに、もう片方のブースから触れて音を鳴らすことができるのもおもしろい。
逆に、片方のブースにあるタンバリンに、もう片方のブースから触れて音を鳴らすことができるのもおもしろい。

 VRと併用する楽しみが膨らむデバイスばかり。向こう数年での実用化に期待したい。これら記事で紹介したものをはじめとする体験ブースは、いずれもあらかじめ整理券をもらっておく必要がある。試遊方法はブースによって異なるので、詳しくは各係員にご確認を。

「東京ゲームショウ2016」関連記事:

VRゲームは1ヵ月でここまでできる! トイディアブースで『ドラゴン アーチャー(仮)』を体験【TGS2016】
“バイオハザード20th ANNIVERSARY”の隠し玉、『バカハザ』に注目! 『少年バカボン』とのコラボを実現させたキーマンにその場で直撃インタビュー【TGS2016】
椅子ドンVR「キスだけじゃ……物足りない!」 ボルテージブースで私、体験してきました【TGS2016】
VR×ギャルといえばアレじゃなくてコレ!? 特濃VR恋愛アドベンチャー『しあわせ荘の管理人さん。』試遊リポート【TGS2016】
【TGS2016】編集部が仕事用に作成した「TGS事前情報全まとめ」を使い道がないので大公開!行く人・行かない人どちらも便利かも
【TGS2016】合法です! ひたすらキレイなコンパニオンさんたちを映し続けるだけの生放送決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

脳ゲーマー ヒデヲ
若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ