「ぜひともリメイクしてほしい1本」『スウィートホーム』【ホラゲレビュー百物語】

画像はより
画像は【ニコニコ動画】スウィートホーム実況初プレイpart1より

【ゲーム概要】
 伊丹十三製作総指揮、黒沢清監督のホラー映画をゲーム化。テレビ局の取材でフレスコ画で有名な間宮一郎の館を訪れた5人が、取材を開始した途端、閉じ込められてしまう。5人は館から脱出するため、罠を回避したり、モンスター(霊、クリーチャー)と戦ったりしながら、館内のさまざまな謎を解き進めながら脱出を目指す。ゲームクリア後に生き残った人数でエンディングが変化する、マルチエンディング方式となっている。

編集部ひとことレビュー

 映画『スウィートホーム』を題材にしたファミコンのホラーゲームです。当時、映画をゲーム化した作品は少なく、当たり外れが大きかったこともあってそれほど期待していなかったのですが、これは実に傑作でした。導入からいきなり館に閉じ込められる急展開、緊張感あふれるBGM、おどろおどろしい敵とのバトル、随所に仕掛けられたトラップ、いったん死んでしまうと生き返らない仲間……などなど、緊迫感たっぷりのゲーム内容とバランス。しかも生き残った仲間の数でエンディングが変わるマルチエンディングで、何度も楽しめるわけです。
 このタイトルが、後の『バイオハザード』シリーズに影響を与えたと聞いて、「なるほど!」と納得しまくりでした。今リメイクしても十分おもしろいんじゃないかと思うのですが、版権の関係でできなさそうというのが非常に残念です。

(動画投稿:あちゃぽさん)

スウィートホーム

発売年月日開発元/発売元プラットフォーム
1989年12月15日イーティー/カプコンファミリーコンピュータ
特記事項
なし

(C)1989 イーティー (C)CAPCOM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ