「VRとホラーの相性は◎だと確信」『ホラー実体験教室 脱出病棟Ω』【ホラゲレビュー百物語】

 

(画像は株式会社デジタル・メディアラボ公式サイトより)
(画像は株式会社デジタル・メディアラボ公式サイトより)


【ゲーム概要】
 2人から4人での協力プレイ専用のVRアクティビティ。プレイヤーたちは、それぞれ左手で車椅子の前進・後退レバー、右手で懐中電灯を操り、廃病院の中からの脱出を図る。複数人での協力プレイが前提となっているが、ゲーム中では他のプレイヤーと離れて行動せざるを得ない場面もあり、周りの誰にも頼れない恐怖を味わうこととなる。

編集部ひとことレビュー

 スプラッター映画のような、ダイレクトに心臓を刺激してくる恐怖の連続。静寂の中、「来るぞ……来るぞ……」と覚悟しているところに突然クリーチャーが襲いかかってくる感覚は、いわゆるビックリ箱と同じ感覚ではあるが、VRの没入感によって、そのビックリ箱のバネが尋常ではなく強化されている。
 思わず身をよじって避けてしまうし、想像以上に声も出てしまう。2~4人でプレイできるというシステムも、仲間がいて心強いように思わせておいて、ヘッドセットから聞こえてくる仲間の悲鳴で恐怖は倍増。

 衝撃的なバッドエンドを迎えた直後は、2秒間ほど「本当に死んだ」と思って、体が動かなくなった。VRとホラーの“相性◎”を確信できる作品。

(動画投稿:バカタール加藤の世界でいちばん役に立たないゲームch.さん)

ホラー実体験室 脱出病棟Ω

発売年月日開発元/発売元プラットフォーム
2016年4月15日バンダイナムコエンターテインメントVR
特記事項
VR ZONE Project i Canにて稼動中

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ