「最も評価の割れたサバイバルホラゲ」『レッドシーズプロファイル』【ホラゲレビュー百物語】

※画像は
※画像は『Deadly Premonition レッドシーズプロファイル コンプリートエディション』のものです。
プレイステーション® オフィシャルサイトより)

【ゲーム概要】
 アメリカの田舎町「グリーンベイル」を舞台としたミステリアドベンチャーゲーム。プレイヤーはFBI特別捜査官のフランシス・ヨーク・モーガンを操作し、この街で発生した猟奇殺人事件、そして民間伝承に伝わる殺人鬼「レインコートキラー」の謎を追いかけていくことになる。発売当時、各ゲームメディアやプレイしたユーザー間で極端に評価が分かれたことで知られ、ついには「最も評価の割れたサバイバルホラーゲーム」としてギネス世界記録に登録されている。

編集部のひとことレビュー

 ホラーゲーム好きならば一度は耳にしたことがある……かもしれないカルト的な人気を誇る作品。それが本作、『レッドシーズプロファイル』だ。
 アメリカの田舎町で起きた猟奇殺人を追うFBI特別捜査官の活躍を描いた捜査モノで、舞台となるグリーンベイルの町はシームレスなオープンワールドになっているのが特徴だ。ここでメインのストーリーを追いながらも、さまざまな場所に立ち寄ってサイドミッションを受けたり、戦いの準備をしたりできる。
 ほかのホラー作品と大きく違うのは、水辺では釣りができるポイントもあり、餌によって魚のみならず、武器や弾薬などのアイテムも入手可能など、なんともスローライフな楽しみかたができる点だ。

 もちろんホラーのキモでもある登場人物にもクセのある者たちが勢揃い。主人公のFBI特別捜査官ヨークは、頭の中にいるもうひとりの人物“ザック”と会話する変わり者。彼とグリーンベイルの住人との軽妙な会話は、本作の醍醐味を味わううえでも重要な要素になっている。
 このグリーンベイルは、ときおり“常世”と呼ばれる状態になってしまい、この状態では“シャドウ”と呼ばれる敵たちが亡霊のように現れる。“エビぞり”をしながら後ろ歩きのままで瞬速接近したり、ときには姿を消してフェイントを仕掛けてきたりと種類は多彩。これらを町で準備した武器を使用して撃退していくのだ。サイドミッションでは報酬で強力な武器を入手できたりするので、町での探索も攻略の要素になっている。
 また、敵の中でも特徴的な、町に伝わる都市伝説の人物“レインコートキラー”にも注目したい。常世では定期的に遭遇することになるが、無敵であるため、戦いを避けて逃げなければならない。逃げるときには専用のモードが用意されており、コマンドを入力しつつ逃げることになる。抗うことができない敵から、必死に逃げる恐怖も演出されているのだ。

 じつはこの作品、ギネスの世界記録で“最も評価の割れたサバイバルホラーゲーム”という珍しい評価を受けている。その実はいかほどのものなのか? レインコートキラーの正体同様、自身の目で確かめて見るほかはないだろう……。

(動画投稿:FeniX-P.R.E.D.さん)

レッドシーズプロファイル

発売年月日開発元/発売元プラットフォーム
2010年2月17日アクセスゲームズ/通常版:マーベラスエンターテインメント、完全版:トイボックスPlayStation 3/Xbox360
特記事項
PlayStation 3用完全版(2015年※『Deadly Premonition レッドシーズプロファイル コンプリートエディション』)あり

(C)2010 Marvelous Entertainment Inc.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ