「死ぬたびに別の生存者が主人公に!さっきまでの主人公がゾンビに!」『ゾンビU』【ホラゲレビュー百物語】

画像は任天堂WiiUソフトウェア紹介ページから
画像は任天堂 WiiUソフトウェア紹介ページより

【ゲーム概要】
 Wii U本体と同時に発売された主観視点のアクションアドベンチャーゲーム。プレイヤーは大量のゾンビによって荒廃したロンドンの中で目を覚ました一般市民となり、謎の声の主・プレッパーに導かれて街からの脱出を図る。プレイヤーの操作する主人公が探索中に死亡してしまった場合、他のサバイバルホラーゲームのようにやり直すことはなく、そのまま主人公が別の生存者に切り替わるのが最大の特徴。ゲームパッドをはじめ、さまざまなWii Uの本体機能をフルに活用したシステムが搭載されている。

編集部ひとことレビュー

 「いいゾンビは死んだゾンビだけだ」ーー『ゾンビU』は、そんな名言が心に響くゾンビサバイバルゲームだ。

 ゾンビが溢れてパニックになるゲームは数あれど、本作には随所にほかの作品とは違った部分が垣間見える。

 1つ目は舞台がイギリスであるということ。ゾンビものの舞台と言えばアメリカが定番だが、本作は霧の都ロンドンが舞台。そのため主人公は、クリケット用のバットで近接攻撃をしたりする。ヨーロッパでは野球のバットはポピュラーではないのだ。

 一方、ゾンビも特徴的で、近衛兵姿の者が登場したりする。血みどろになってしまったバッキンガム宮殿を探索するのだから、それも当然。トレードマークの赤い制服と背の高い熊毛皮の帽子を見かけると、ほかのゾンビゲームにはない不思議な高揚感を感じるだろう。
 これらのゾンビたちには、見た目だけではなく特殊能力を持った者も存在する。遠距離から吐瀉物を吐いて攻撃してくる者や、電撃を放出して周囲の倒されたゾンビを復活させてしまう者など……。通常のゾンビでさえも、集団で襲われるとほとんど勝ち目はない。ステルス状態を保ちながら、こっそり行動することが生存するための鍵となるのだ。

 そして最大のポイントは、主人公は“死亡する”たびに別の生存者になるというゲーム性。しかも、死亡した地点に前のプレイヤーキャラのゾンビがうろつくという凝りようだ。当然、以前所持していたアイテムは、そのゾンビを倒さなければ取り返せない。おまけに前回のキャラのスコアによっては、強くなっていたりする。くれぐれも二次遭難には注意したい。

 さらにゲーム性のポイントとして、Wii Uのゲームパッドを駆使するということが挙げられる。アイテム管理やライトなど、さまざまな場面で手元のゲームパッドを確認する必要があるのだ。マップやアイテム、ゾンビを感知するレーダーなどもここで確認するのだが、当然ながらその間は時間が止まるわけではない。手元を見るというリアルの作業であるため、この隙にゾンビに襲われてしまうこともあるのだ。これはWii Uの機能をうまく使った演出だと言えるだろう。

 ゾンビがうろつく過酷なロンドンの街で、生き残るための探索が始まる。協力者のプレッパーとは何者なのか? 400年前に予言されていたゾンビ大発生の真実とは!? 探り出してみよう……生き残れるなら。

(動画投稿:ガッチマンさん)

ゾンビU

発売年月日開発元/発売元プラットフォーム
2012年12月8日ユービーアイソフトWii U
特記事項
PlayStation 4版、Xbox One版、Windows版(いずれも2015年※『ZOMBI』)あり

(C) 2012 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ