「インタラクティブムービーという新機軸の作品」『Dの食卓』【ホラゲレビュー百物語】

画像は【ニコニコ動画】謎のホラーゲーム『Dの食卓』をやってみた【実況プレイ】より
画像は【ニコニコ動画】謎のホラーゲーム『Dの食卓』をやってみた【実況プレイ】より

【ゲーム概要】
 マルチメディアグランプリ’95通商産業大臣賞を受賞した、故・飯野賢治監督・脚本のアドベンチャーゲーム。ダウンタウンの病院の院長リクター・ハリスが突然凶変し、患者や医療スタッフなどを次々と射殺して立てこもる事件が発生。プレイヤーはその娘ローラ・ハリスとなり、凶変した父親を説得するため、単身病院に乗り込むことになる。ゲームは基本的に1人称で進行するが、イベントが発生すると、映画のようにさまざまなカメラワークで臨場感を盛り上げてくれる。

編集部ひとことレビュー

 発売当時はハードメーカー各社の“次世代機戦争”に突入しようとしていた時代。“インタラクティブ”とか“マルチメディア”なんて言葉とともに、3DCGやムービーを使った新しいゲームが続々と登場していた時期でした。
 とはいいつつ「ゲームとしてはどうなのよ?」とか「見かけだけやん!」といったタイトルも多かったなか、『D食』は、ムービーを動かすインタラクティブムービーという新機軸を確立した画期的な作品でした。

 猟奇的な設定やストーリー展開はもちろん、視点の切り替えなどの映像効果やBGM・効果音などの使い方が絶妙で、まさに映画的な演出で“次世代”の怖さを表現していました。ホラーゲームが本格的に怖くなってきたのは、この作品ぐらいからではないかと個人的には思います。

 ゲームとしては、制限時間内にクリアできないとゲームオーバー(セーブもできない)とか、全編ムービーのために展開が遅い(走ったりできない)とか、仕様やバランスの面で荒削りなところも多々あったわけですが、それを補ってあまりある魅力的な作品だと思います。

※動画はPlayStation版『Dの食卓 コンプリートグラフィックス』のものです。(動画投稿:P(ピー)さん)

Dの食卓

発売年月日開発元/発売元プラットフォーム
1995年4月1日ワープ/三栄書房3DO
特記事項
セガサターン版(1995年)、3DO版(1996年※『Dの食卓 ディレクターズカット』)、PlayStation版(1995年※『Dの食卓 コンプリートグラフィックス』)あり

(C)1995 WARP INC.(C)1995 SAN-EI SHOBO PUBLISHING CO.,LTD.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ